Appleウォッチが父親救う?

[2019/11/18]

皆さんこんにちは!

ダイワンテレコム川口店です♪♪

appleWatchが、ユーザーを命の危機から救ったり病気の兆候に気づかせてくれたといった話は、これまでにも世界各地で報告されています。今回は米雑誌Peopleが、米テキサス州在住の自閉症の青年とその家族の生活が、appleWatchによって改善したと報じています。

9月に公開されたwatchOS6には、周囲の音のレベルを測定してくれる「ノイズ」アプリが新たに搭載されました。Series4以降のappleWatchで利用できるこのアプリは、マイクを使って周囲の音が何デシベルなのかを知らせてくれます。

米国テキサス州に住むスコット・ベネットさんは、自閉症スペクトラムの21歳の息子サムさんが常に大声で話をうることをずっと気に病んでました。家族で外出することもできなかったと言います。

そんな中、appleWatchの画面をスクロールしていたスコットさんは、ユーザーの周囲で聴覚に影響を与えるほどの音量を感知すると画面が黄色く光って知らせてくれる「ノイズ」アプリを見つけます。すぐに息子のサムさんにも見せたところ、サムさんは実際に自分が話すと黄色く光るということを理解し、小声で話すようになりました。それ以来、サムさんが大声で話始めても、スコットさんが黄色く光った画面を見せるだけで、サムさんは直ぐに小声になるそうです。

appleですら気づいていなかった新しい使いかたが見つかっていくのもいいですね。

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中