《危険》破裂寸前のiPhone5sバッテリー交換

【スマホ・タブレット修理/買取】

ダイワンテレコム名古屋今池店です。

今回は「《危険》破裂寸前のiPhone5sバッテリー交換」をご紹介します。

iPhone5sは2013年9月に発売されたiPhone史上初Touch ID(指紋認証)を搭載した機種で画面サイズ4インチと日本人の手にマッチした大きさの為か2021年現在でも同サイズの初代iPhoneSEは人気が高く今池店でも画面割れやバッテリー交換・リアカメラ交換などなど修理のご依頼がある機種です。

 

極限まで使用した結果、この状態でも画面表示やタッチ操作できていました。

ただし、ホームボタンは浮いてる状態なので強めに押し込むと押せる感じでした。

 

過去最大級のバッテリー膨張かと思われます。

この状態で本体下についてる下ネジが付いていますが、ネジを外した反動で液晶パネルが破損する恐れもありますので外し方も注意が必要です。

膨張したバッテリーを外す際は特に注意が必要です

膨張したバッテリーを外す際は特に注意が必要です

バッテリーは粘着テープで固定されていますが、テープの劣化などが無ければテープを引っ張ってバッテリーに負荷や傷つけることなく外せます。

今回はその粘着テープが劣化していた為、テープを引っ張った際に千切れてしまいました。

テープが千切れてしまった際は止むを得ずバッテリー本体下にヘラを差しこんて持ち上げる方法をとりますが、ここまでバッテリーが膨張している場合は特に注意が必要です。

機種にもよるので内部構造をよく把握していないと行えない方法ですが、

バッテリー裏の粘着テープ部位に少量の無水エタノールを忍ばせると粘着が緩み外れやすくなります。

今回はその方法で無事にバッテリーを外し・交換ができました。

また、液晶パネルも破損することなく元に戻して交換完了しました。

強いて言うと、浮き上がった液晶パネルとベゼル(液晶縁のプラスティック)は剥離している為多少の浮きはあります。(ベゼル接着は1,100円税込で承っております)

AQUOSのバッテリー交換なども受付中!

さて、本日のブログ「《危険》破裂寸前のiPhone5sバッテリー交換」いかがでしたでしょうか?

バッテリー交換はYoutube動画などでも数多く紹介されていて、簡単に思う反面気をつけなければ爆発事故にも繋がりかねない修理です。

自己修理の結果、事故修理にならない為にもしっかりとした知識と技術がある修理店での交換がお勧めです。 

他にもAQUOSのバッテリー交換修理、この時期に多い海・川などで水没して起動しないiPhoneなどのデータ抽出基板修理なども行なっておりますのでお困りの際はお気軽に今池店スタッフまでご相談ください。

↓《修理科目一覧》↓

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

↓《対応機種一覧》↓

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Redmi/Nintendo Switch/

AQUOS(一部)/MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取を行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 *部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

 

スマホ・タブレット修理/買取するなら

【ダイワンテレコム名古屋今池店】

\\最後まで修理ブログをご覧いただきありがとうございました//

《総務省登録修理業者》

【ダイワンテレコム名古屋今池店】 

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya 

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中