iPhoneバッテリー(電池)の交換時期について

 

iPhoneバッテリー(電池)の交換時期について

 

こんにちは!

 

iPhone修理のダイワンテレコム大宮店です。

 

今回はiPhoneバッテリー交換(電池)時期についてのご説明させていただきます。

 

iPhoneバッテリー交換時期は使用から1年半~2年です。

上記の期間を利用すると大体下記のような症状が現れます。

 

 

・バッテリー残量の消耗が激しい

・勝手に電源が落ちる

・残量(パーセンテージ)が急激に変動

・電池の残量が増えない

・バッテリー(電池)が膨張する

・本体が起動しない

 

このような事例が多いと思います。

 

また、iOS11.3以上ですとバッテリー(電池)最大容量が確認できます。

 

iPhoneのホーム画面から

 

「設定」

 

「バッテリー」

 

「バッテリーの状態」

 

「最大容量」

 

 

新品の「最大容量」は100%の状態になります。

上記の「最大容量」が80%前後になりますと寿命です。

交換時期になります。

 

バッテリーの消耗が激しくなった、半日で電池が無くなってしまうなどは新しいバッテリー交換をおすすめします。

 

交換すれば購入した時と同じく最大容量100%に戻ります。

 

当店ではバッテリー(電池)交換を4,500円(税抜)から承っております。

バッテリー(電池)交換をご希望の際はダイワンテレコム大宮店にお任せください。

 

点検、作業時間含め20分~30分で完了できます。

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた店舗情報

大宮店

3300846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-22-18中央ビル3F

090-8494-8041

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中