ピーク電力を供給できないためシャットダウンが発生。

いつもダイワンテレコム藤沢店のブログをご覧になっていただきありがとうございます。

 

 

本日は、藤沢市は南藤沢からご来店いただいたご家族の、バッテリー修理事例をご紹介したいと思います。

必要なピーク電力とは。

お仕事中に突然iPhoneの画面にリンゴマークが表示され驚いたとのこと。電源が勝手に落ちてしまったため、直ぐにアイホンの充電ケーブルを挿してしばらく充電したら、何とか起動したのですが、、、「アイフォンのパフォーマンス管理が適用されました。」と表示されたようです。

これは警告に近い表示で、劣化したバッテリーにより電力が不足した際に、強制的に再起動を行い、同時に処理能力を低下させることにより、突然のシャットダウンをこれ以降防ぐという機能が有効になったという通知です。

 

新品のバッテリーへと交換することでしか、バッテリーの劣化は改善されないので、なるべく無効にはせず修理することをオススメ致します。

 

バッテリーの劣化により起こる様々な症状。

アイフォーンのバッテリーが劣化により死亡する事例は珍しくありません。そういった場合、充電ケーブルを挿しても、そもそもの電力を蓄える部分のバッテリーが使えないので、携帯電話自体が動かなくなります……全ての機能を使うことが出来なくなる怖い症状なのです。

 

ちなみに予期せぬシャットダウンが頻発すると、システム的な不具合によりデータが初期化されてしまう事例が稀にありますので、バックアップはしっかり保存しておきましょう。

藤沢市でiPhoneのバッテリーを安く新品に交換する方法。

多くのお客様がダイワン藤沢店にご来店いただいていますが、スマホ表面のガラス割れと同時に、バッテリーも交換修理ご希望の際は、同時修理割引にてご案内させていただきます。

 

iPhoneXR・iPhoneXs・iPhoneXなどの最新機種から、iPhone5・iPhone6等の機種も即日修理対応致します。

お支払いは交通系電子マネー、PayPay、auPay、LinePayに加え、現金や各種クレジットカード払いにも対応しております。

source:Apple

この記事を書いた店舗情報

藤沢店

251-0052
神奈川県藤沢市藤沢540ー1セキ建物 2階 B号室

050-5267-8369

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中