Galaxy Fold-再設計で安価なモデルも発表か!

iPhone修理のダイワンテレコムでございます。

Samsungから発売されている折りたたみスマートフォンGalaxy Fold。

価格は他のフラッグシップモデルよりも高くなると言われていますが再設計により、価格が安くなったモデルを用意している事が明らかになりました。

 

史上初の折りたたみスマートフォン

Galaxy Foldが発表されたのは2019年2月。

発売間近の4月に入り耐久性に問題が発覚し発売の延期が決定しました。

これにより設計段階からの見直しが行われ9月6日にドイツのベルリンで開催予定のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2019」にて発表予定。

韓国だけでなくアメリカや中国でも発売される予定となっています。

 

Galaxy Foldは折りたたみ可能でタブレットのように広げて利用できる折りたたみスマートフォンは史上初です。

史上初である事から物珍しさで購入するユーザーも多数存在する事が予想されているようですが最大のネックは、その価格です。

2月の発表時には1,980ドル、日本円にして207,900円である事が明らかになっていました。

 

 

256GBモデルも登場か

ニュースサイトSamMobileは発売が9月に延期された事で当初の予定であった1,980ドルよりも安いモデルが用意されると報じています。

既に発表されているGalaxy Foldは品番がSM-F900Fですが別にSM-F700Fといった品番も確認されているとも報じられています。

 

この2モデルの違いは明らかになっていませんがSamMobileF700Fは内蔵ストレージが256GBモデルなのではないかとの見解をしています。

512GBモデルが既に発表されている為、この報道が真実であればストレージが異なる2モデルが発売される事になります。安いモデルでも100ドル程しか変わらない為、いずれにしても高額である事には変わらないようですね。

 

 

引用元:SamMobile

 

この記事を書いた店舗情報

新宿本店

160-0022
東京都新宿区新宿3丁目35−6アウンビル 5F

0120-882-463

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧