縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」が発表。価格は1380ドル

こんにちは。
ダイワンテレコム梅田店です。

 

サムスンは12日(日本時間)、縦折り型のスマートフォンである「Galaxy Z Flip」を正式に発表しました。
海外での発売は2月14日で価格は1380ドル(約15万1000円)。
Galaxy Z Flipは今月2日に実機のリーク動画がTwitterで公開されるなどし、注目を集めていました。

第2世代折りたたみスマホ

Galaxy Z Flipは同社から発売されているGalaxy Foldのように折りたためる画面を採用した「フォルダブル」スマホ。
前世代のGalaxy Foldが横折りスマホだったのに対して、Galaxy Z Flipは縦折りのスマホになります。
Galaxy Z Flipは「小さくたたんで持ち運べる点」をアピールポイントとしており、実際に折り曲げたときのサイズは手のひらに収まるほどの小ささです。

 

超薄型ガラスを採用し、機構をブラッシュアップ

この縦折り機構は厚さ1mm以下の「超薄型ガラス」の採用により実現しており、20万回もの開閉に耐えることが可能です。
また、折りたたみのヒンジ部分はGalaxy Foldから大きな改良がなされています。
まず画面を折り曲げた際の角度がGalaxy Foldでは特定の数か所でしか固定できなかったようになっていたところを、Galaxy Z Flipでは一定区間内で好きなところで固定できるように改良されています。
そしてヒンジ内部にブラシのような機構を取り入れることで、開閉時に混入する細かいホコリが入りづらくなりました。
一方で、防水には非対応であるとしています。

折りたたみ時にスマホを操作することはできませんが、背面部に1.1インチの小型有機ELディスプレイを搭載し、この領域に通知などを表示することができます。
またこの小型ディスプレイはタッチ操作でき、着信時には折りたたんだまま応答しそのまま通話が可能になっているほか、折りたたんだまま背面カメラを起動しセルフィー(自撮り)を撮影する機能も用意されています。

 


Galaxy Foldから続く折りたたみスマホの系譜。需要はあると思うのですが、いかんせん販売価格が高くなりがちで手が出しづらいというのが現状でしょうか。
筆者としてもGalaxy Z FlipでAndloid 10搭載のデュアルスクリーン機能を試してみたい気持ちはあるのですが、やはり通常のハイエンドスマホの1.5倍~2倍の価格では踏ん切りがつかないですね。

Photo:iPhoneMania

source:iPhoneMania

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中