不具合だらけのiOS11からiOS10.3.3にダウングレードする方法

iOS11には深刻な不具合が多く見られる

どうも、スタッフAです。

前回の記事ではiOS11の不具合がひどすぎることについて書きましたが、今回は解決法をご紹介しようと思います。

解決法といっても、iOS11をそのまま使用することは難しいので、安定して動作していたバージョンまでダウングレードしてしまうというものです。

 

ダウングレードするために準備するもの

・最新のiTunesがインストールされているPC/Mac

・iOS10.3.3以前のバックアップデータ

・iPhoneをPC/Macと接続するためのUSBケーブル

・ほんの少しの勇気

 

まずはバックアップ

ダウングレード作業に失敗してデータが消えてしまっては困るので、まず一番初めにiPhoneのバックアップをとりましょう。

iPhoneとPC/MacをUSBケーブルで接続して、iTunesを起動します。

iPhoneが認識されればこの画面になるので、「今すぐバックアップ」をクリック。

バックアップが完了したら、iPhoneとPC/Macの接続を解除します。

注意: バックアップ作業が進行している間は絶対にiPhoneとPC/Macの接続を切らないでください。データが正常にバックアップできない可能性があります。

 

iPhone側の設定

設定 > アカウント > iCloud > iPhoneを探す をOFFにする。

OFFです、オフですよー。

 

PC/MacでiOS10.3.3をダウンロード

こちらのサイトでiOS10.3.3をダウンロードします。

お持ちの端末に対応したiOS10.3.3を選択してください。

注意: ここで誤った端末のipswをダウンロードしてしまうと正常にダウングレードが完了できません。

 

iPhoneのOSをダウングレードする

再度USBケーブルでiPhoneをPC/Macに接続し、iTunesを起動します。

接続したら、iPhoneをリカバリーモードで起動します。

リカバリーモードのやり方はこちら(Apple公式HP)を参考にしてください。

 

次の手順が重要です。

iTunesにこのポップアップが表示されますのでWindowsならShiftキーMacならoptionキーを押しながら「復元」をクリックします。

iOSのバージョンを選択できますので、先程ダウンロードしたipswを選択してiOS10.3.3にダウングレードしてください。

iOS 11からiOS 10.3.3へのウングレードが終了したら、iPhoneが自動的に再起動されますので手順に従ってアクティベートを進めて下さい。

アクティベートを進めると、iTunes上で「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されます。

「このバックアップから復元」にチェックをいれ、復元データを選択します。

この時選択するバックアップはiOS10.3.3以前のものである必要があります。

さきほどバックアップしたものを選択してしまうとiOS11に戻ってしまうので、必ずiOS10.3.3以前の復元データを選んでください。

これですべてのダウングレード作業が終了です。

お疲れさまでした。

 

この記事を書いた店舗情報

福岡天神店

810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1丁目21−8 ステージ天神2 3F ビル

092-406-9599

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中