スマートフォンを新しく買う際に気を付けること、長く使い続ける方法

八千代中央、八千代緑が丘、船橋日大前、千葉周辺にお住いの皆様こんにちは!ダイワンテレコム八千代店です。

最近は急に寒くなってきましたね…!秋はどこに行ってしまったのかと思うほどです。

そんな中、長く使っていたiPhoneなどのスマートフォンも電池の持ちが悪くなったり、度重なるOSアップデートで動作が遅くなったりするということもあるかもしれません。

最近は新型iPhoneであるiPhone12シリーズが発表されてそれらに機種変更しようかと考える方もいらっしゃると思います。しかし、沢山の種類の機種が発表されていて何を買うのがいいか分かりづらいですよね。今回はスマートフォンを新しく買う際、何に気を付けるべきか、買ったスマートフォンを長く使い続けるにはどうすればいいかの二つについてまとめていこうと思います。

 

スマートフォンの大きさ、重さ

スマートフォンの新機種を買うときに気を付けることは大きさです。世代が新しくなるごとに電池の持ちや処理性能、カメラ性能は順当に進化していますが、最近の傾向としては画面サイズがどんどん大形化していることが挙げられます。ちなみに当店で修理をさせて頂いている中ではiPhone6シリーズが多いです。それと最新のiPhone12シリーズを比べると、iPhone12 miniを例外としてそれ以外では一回りサイズが大きいということに注意が必要です。また、大形化に伴って本体も重くなってきています。例えば194gのiPhone11と比較したiPhone6は129gと軽くなっています。たった60gの違いだろうと思ってしまいますが、この差は歴然です。20gも本体の重さが違えば手に持ってみた時の重さの違いは歴然です。新機種の購入を検討するならば本体の重さにも注意するべきでしょう。iPhone12(Proを除く)はiPhone11シリーズよりも30gほど軽量化しており、手に取ってびっくりするほどです。

 

電池の持ち

iPhoneやAndroidなど、さまざまなスマートフォンの電池の持ちを表す指標として電池の容量(mAh, ミリアンペアアワー単位)で表される数字があります。例えばiPhone12は2775mAhとなっています。Androidの最新機種では4000mAhを超える大容量バッテリーが搭載されています。ではiPhoneはAndroidよりもずっと電池の持ちが悪いのでしょうか?実はそうではありません。iPhoneの方がAndroidよりも省電力性に優れているため、より少ないバッテリーでもAndroidと同じくらいの時間使うことが可能です。

実際には発表されている動作時間を確認するべきです。その時の注意としてはどのような条件で測定したかです。例えば動画を何時間連続再生できるといった情報を調べるといいでしょう。

 

以上がスマートフォン購入する際に気を付ける点です。気に入った機種を実際に店頭に行って触れてみるのもいいと思います。

次にスマートフォンを長く使い続ける方法です。

スマートフォンを長く使い続けるためにはできるだけ落としたりして傷をつけないというのは勿論ですが、電池の持ちや性能不足などは対処することができません。今からでもできるスマートフォンを長持ちさせる方法をまとめてみます。

 

バッテリーの充電に気を付ける

スマートフォンのバッテリーにはリチウムイオンポリマーバッテリーという非常に高性能な充電池が使われています。一昔前の充電池であるニッケル水素電池などで見られたメモリー効果が発生しません。メモリー効果とは容量を使い切らない状態で充電すると、使い切らなかった分だけ電池の容量が減る(厳密には正しい説明ではありませんが、簡単のためにこのような解説にさせて頂きます。)ことです。ですから理論上はスマートフォンの充電に際して神経質になることはありません。しかし、どんな電池でも充電を繰り返すほど劣化はしていくので、なるべく充電回数を減らすことを心がけましょう。つまり、何度も細かく充電するよりも、電池残量が減った状態から充電して、充電の回数を減らすことを意識するとより電池の持ちがよくなると考えられます。ただし、充電残量が0%など極端に少ない状態や、常に100%にした状態で長期間放置すると劣化してしまうので注意しましょう。

また、リチウムイオンバッテリーは温度に厳しいもので高温の環境や低温の環境でも劣化します。充電中にゲームなどの負荷のかかるものをしたり、氷点下になるような場所で長時間置いたりするのもできるだけ避けましょう。

 

画面輝度最大で同じ画面を表示し続けない

これはディスプレイの問題で、長時間同じ映像を表示すると画面の焼き付きという現象が起こります。焼き付いた画面では、そのとき表示されていた画像の痕が残ってしまうので注意が必要です。技術の発展により、液晶画面では最近そのような問題は発生しなくなりましたが、新型のスマートフォンに数多く搭載されている有機ELディスプレイでは焼き付きの問題が発生しやすいため注意が必要です。

これらの点に気を付ければスマートフォンを長く使うことが出来ると思います。

しかし、どんな機種でもいずれは劣化が進んできます。当店ダイワンテレコムではiPhoneの修理を行っており、バッテリーや画面の交換はもちろん、カメラやスピーカー部分の修理も行っております。

 

以上がスマートフォンを新しく買う際に気を付けること、今使っている機種を長持ちさせる方法です。私も長い間Androidのスマートフォンを使ってきましたが、つい最近完全に壊れてしまったので、新しくスマートフォンを買いたいと考えています。大きさや電池の持ちなどに注意して購入したいと考えています。これから新しくスマートフォンを購入する方にも、今のスマートフォンを長持ちさせたい方にも、この記事が少しでも参考になれば幸いです。ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

 

この記事を書いた店舗情報

八千代店

276-0049
千葉県八千代市緑が丘イオンモール八千代緑が丘

047-481-8635

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中