【iPhone】もう逃さない!突然のビデオ撮影チャンス!

朝霞・和光・新座・志木・さいたま市近隣にお住いの皆さん、こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます^^

 

突然訪れた動画撮影のチャンスを逃してしまった、、

なんて経験、ございませんか???

筆者はめちゃくちゃたくさんあります(笑)

 

iPhoneのカメラを起動すると、まず写真モードがデフォルトで設定されて

いますが、動画を撮影するには画面を右にスワイプして動画モードに

しなくてはいけません。

 

『この一手間』をやってる間に、シャッターチャンスが去ってしまいます…

 

カメラを起動してすぐにビデオ撮影できたら…と何度思ったことでしょう(笑)

今回はその方法を教えちゃいます♪

カメラアプリを起動してすぐに動画撮影を始める方法

iOS13から『Quick Take』が追加され、この機能によりシャッターボタンで

任意の操作をすることで写真モードでもビデオ撮影やバーストモードを開始する

ことが可能になりました。

 

その後、iOS14で音量ボタンでも同機能が行えるようアップデートされました。

尚、この機能が使えるのはiPhone Xs, XR以降の機種となっています。

 

早速やり方を説明していきましょう!

 

①まずカメラを起動します。

②最初の写真モードでシャッターボタンを長押しします。

すると、動画撮影がスタートします。

 

シャッターボタンを押し続けている間は撮影が継続します。

指を話すと、撮影が終了します。

 

とても簡単ですね!!これならカメラを起動して即ビデオ撮影ができそう!

突然訪れたシャッターチャンスを逃すことも減りそうです♪

動画撮影中に写真も撮影できるの?

上記の方法で動画を撮影中に『この映像を写真にも納めたい!』なんて

思ったら、そんなことも出来ちゃいます^^

 

まず、先ほどと同じように写真モードのシャッターボタンを長押しします。

動画撮影がスタートしたら、そのままシャッターボタンを右へスライドさせます。

右の鍵マークの位置までスライドさせたら、指を離しましょう。

 

すると、このような白いボタンが現れます。

 

この白いボタンが、動画撮影中に写真を撮影できるシャッターボタンとなります。

 

わーお!簡単すぎますね!^^

今日からあなたもシャッターチャンスを絶対逃さないマンですね!

 

今回はiPhoneの機能を紹介しました。

またのブログでお会いしましょう~^^

 

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台カインズ朝霞3F

070-1303-2774

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中