iPhoneのパスコードを好きな桁数で設定する方法!!

例えばiPhoneをどこかに置き忘れたり、落として紛失してしまったとき、自分の情報だけでなく、家族や友人の連絡先、写真…など、いわば個人情報の塊ともいえるiPhoneの中身が誰かに見られてしまう可能性があります。それを防ぐのがパスコードロックです。
 
4桁、iOS9以降は6桁のパスコードも設定できるようになりましたが、Touch ID対応のiPhoneの場合は指紋認証で、そうでない場合は毎度何桁かの英数字を入力して解除します。
 
実はiPhoneのパスコードは、4桁、6桁だけでなく、何桁でも設定できます。この記事では、好きな桁数のパスコードを設定する方法をご紹介します。

 

1
「設定」→「Touch IDとパスコード」をタップ
 
  • ホーム画面から「設定」を起動し、「Touch IDとパスコード」をタップします
  • 現在パスコードを設定している場合は、パスコードを要求されるので入力します

 

2
「パスコードを変更」をタップ
 
  • 「パスコードを変更」をタップし、現在のパスコードを入力します

 

3
新たにパスコードを設定する
 
  • 新たに設定するパスコードの入力画面が表示されるので、「パスコードオプション」をタップします
  • アルファベットと数字が混合した「カスタムの英数字コード」、数字のみの「カスタムの数字コード」のいずれか設定したい方をタップします

パスコード 桁 変更 パスコード 桁 変更

 

 

  • 新たに設定するパスコードを入力しましょう。4桁以上から入力可能です
  • 入力が終わったら「次へ」をタップします

 

パスコードを設定したiPhoneのロックを解除する際は、毎回認証を求められます

昔よりも携帯電話に求める機能、できることも増えてきました。それだけに情報の扱いには敏感にならなくてはいけません。パスコードを設定することで、情報が流出する可能性を大幅に減らせるのではないでしょうか。

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧