緊急地震速報が鳴らないときの対処法

こんにちは

アイフォン修理のダイワンテレコム大阪梅田店です。

 

6/18に大阪北部で震度6弱の地震があり、電車が止まってしまい立ち往生してしまった方や

一部地域ではガスや水道が止まってしまったりなど被害を受けた方も多いと思います。

 

かくいう私は、運よく自宅を出る前で地震による怪我などはありませんでしたが

電車という移動手段を失ってしまいその火店を営業することができませんでした。

 

そんな多くの方の生活に被害を与える地震ですが

皆さんのiPhoneには少しでも早く状況を把握し避難するために

地震が起きた際にブザーが鳴る緊急地震速報という機能が搭載されています。

 

しかし、この緊急地震速報は地震が起きているのになぜかならない場合があります

次に大きな災害が起きたときにより素早く安全を確保できるよう

「鳴るときの条件」「鳴らない条件」をご紹介していきます。

 

緊急地震速報を受けるための設定

iPhoneで緊急地震速報を受信するためには、設定>通知>緊急速報をオンにする必要があります。

 

 

 

 

基本的には購入時点でオンになっていますが、先日鳴らなかった方は確認しておきましょう。

 

緊急地震速報の動作条件

docomo、au、Softbankの国内大手キャリアは、緊急地震速報をユーザー向けに配信する条件を統一しています。具体的な条件は下記の通り。

 

ドコモ

ドコモでは、気象庁から配信された 「一般向け緊急地震速報」を利用して最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)の地域(全国を約200の地域に区分)の携帯電話に一斉配信いたします。

引用元:docomo

au

最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ (震度4以上) が予測される地域をお知らせするものです。

緊急地震速報を受信した場合は、周囲の状況に応じて身の安全を確保し、状況に応じた、落ち着きのある行動をお願い致します。

 

※地震の発生直後に、震源近くで地震 (P波、初期微動) をキャッチし、位置、規模、想定される揺れの強さを自動計算し、地震による強い揺れ (S波、主要動) が始まる数秒~数十秒前に、可能な限り素早くお知らせします。ただし、震源に近い場所では、緊急地震速報が強い揺れに間に合わないことがあります。

引用元:au(KDDI)

ソフトバンク

気象庁配信の「緊急地震速報」※1を対象エリアに一斉配信します。

※1 気象庁の緊急地震速報とは、地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)が予測される地域を、可能な限り素早く知らせる情報です。

引用元:Softbank

 

緊急地震速報がならないケースの条件

iPhoneなどのスマートフォンで緊急地震速報が鳴らない事例、条件をソフトバンクが一部公開しています。auやドコモでも同じ条件であるかは不明ですが、iPhoneであれば参考になるかと思います。

 

・ソフトバンクのネットワークに障害が発生している場合

・iPhoneなどの端末の電源がオフの場合

・電波の受信感度が著しく悪い場合

・音声通話(電話など)を使用している場合

・TVコール(ビデオ通話)を利用している場合

・国際ローミングを利用している場合

・安心遠隔ロックを利用している場合

・機内モードがオンの場合

・パケット通信が発生している場合

・赤外線通信を行っている場合

・緊急地震速報を届ける基準の震度以下だった場合

 

緊急地震速報については他にも、気象庁が情報を配信できなかった場合や震度4以下の地域の基地局の電波を受信してしまった場合にも緊急地震速報が鳴らない場合があります。

 

余震が続き、まだまだ油断ならない状況ではありますが

今回ご紹介した設定を見返して次の災害時に役立てて頂ければと思います。

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中