iPhone高温注意報!!

 

高温注意と表示された時の対処方法

 

暑い日が続きますね。海で遊んでて直射日光下やgoogleMAPを見ながら車のサイドボードの上に置いているとかで『高温注意』と表示され全ての操作ができなくなってしまう状態になってしまうことがあります。

高温注意にならない為の予防策やなってしまった時の対処法を説明します。

 

  • Apple推奨動作環境

Appleは公式サイトでこう説明しています。

iosデバイスは環境温度(周囲の温度)が0°から35℃の場所で使ってください。低温下や高温下では温度調整の為デバイスの動作が変化することがあります。バッテリーの消耗が早くなったり電源が切れることがあります。

iosデバイスは-20℃から45℃の場所に保管してください。

 

意外と幅のある環境下でも大丈夫なのはびっくりです。

 

  • 高温注意でどんなことが起きるか

 

 ○充電(ワイヤレス充電を含む)が遅くなる、停止する。

○ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる。

○フラッシュが一時的に無効になる。

○グラフィックを多用するAPPや機能、拡張現実対応のAPPや機能でパフォーマンスが低下する。

 

高温注意の表示は主に炎天下での使用や車内のダッシュボード上の使用や屋外のカバンの中などで起こることが多いです。

 

  • 高温注意の表示が出てしまった場合の対処法

もし屋外使用などで高温注意の表示が出たら

すぐに電源をオフにする(可能なら)

冷暗所または風の通る所に置いて冷やす。

絶対に冷蔵庫や冷凍庫に入れてはいけません。

結露の発生により中が水没状態になってしまうことがあります。

また急激な冷却はバッテリーに多大な負担をかけるのでやめましょう。

 

もし電源が入らなくなってしまったら電源ICチップが焼けてしまった可能性もあります。下手にいじらず、基盤修理に出してください。

ICチップの修理で直る確率が高いです。

 

  • まとめ

iPhoneは熱に弱い

直射日光はダメ

炎天下のカバンの中もダメ

車のダッシュボードもダメ

熱に弱いという認識を持って冷暗所、風通しの良い所での保管使用を心がけてください。

 

 

 もし起動しなくなってしまった場合は早めに店舗に修理依頼してください。

 予約不要ですが、事前のお問い合わせをお勧めします。

 

ダイワンテレコム横浜西口店


横浜駅西口より徒歩5分

ドンキホーテ横浜西口店先、ダイエー横浜西口店左、ラウンドワン直進ですき家を過ぎて相席屋横浜西口店左アネック横浜ビル

横浜駅西口よりTELでの対応しますので遠慮なくお問い合わせお待ち申し上げます。

神奈川県横浜市西区南幸2-9-9
アネックス406


営業時間11:00~20:00

0800-800-5919 

 

 

 

 






修理 対応機種一覧
 


iPhone 7Plus ・iPhone 7 ・ iPhone 6s Plus ・ iPhone 6s ・ iPhone 6 Plus ・ iPhone6 ・ iPhone SE ・ iPhone 5s ・ iPhone 5c ・ iPhone 5 ・ iPhone 4s ・ iPhone 4 iPhone 8 ・ iPhone 8 Plus ・ iPhone X ・iPod・iPod Touch・iPodClassic・iPad・iPadAir・iPadPro・Apple Watch

 

 


 

 
主な修理内容
ガラスの修理 ,液晶の修理 , タッチ不良の修理 , フロントパネルの修理 , バックライトの修理 , バックパネル修理
バッテリー交換修理 , アウトカメラ修理 , インカメラ修理 ,マイク修理 , 音量ボタン修理 , イヤースピーカー修理
スピーカー修理 , 電源ボタン修理 , マナーボタンの修理 , ドックコネクタの修理 , ライトニングコネクタの修理
データバックアップ , データ移行 ,本体クリーニング ,  水没修理 ,その他修理

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた店舗情報

横浜店

220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目9−9アネックス406

0800-800-5919

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中