5.4インチのiPhone 12 mini、新型SEより小型に


[公開日:2020/05/02]

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

Appleが2020年秋に発表するとされているiPhone 12シリーズですが、iPhone 11シリーズのような3モデルにローエンドの1モデルを加えた「4モデル展開」になると予測されています。

iPhone 12シリーズの4モデルのうち、5.4インチの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したローエンドモデルである「iPhone 12 mini(仮称)」は、本体のサイズがiPhone 8第2世代iPhone SEよりも小さくなるとの予想が公開されています。

 

iPhone 12は4モデルで展開か ローエンドモデルは5.4インチとコンパクト

 

iPhone 12シリーズで展開される4モデルは

iPhone 12 (mini)

iPhone 12 (Plus/Max)

・iPhone 12 Pro

・iPhone 12 Pro Max

 

の4種になると予想されています。

「iPhone 12 (Plus/Max)」はiPhone 11シリーズに当てはめると「iPhone 11」にあたり、iPhone 11シリーズの3モデル展開に加えてローエンドの「iPhone 12 (mini)」が登場するというものです。

 

このローエンドのiPhone 12について、アップル製品関連メディアSvetapple.skでは「iPhone 12 mini」と呼称しています。

そして「iPhone 12 mini」は、新たなA14 Bionicをチップに搭載しつつも、iPhone SE(初代)とiPhone 11 Proの中間サイズで、iPhone 8や先日発売されたiPhone SE(第2世代)よりも小型の筐体サイズになると予測しています。

 

 

「iPhone 12 mini」に搭載されるA14 Bionicは上位モデルのiPhone 12と同じくTSMC製の5nmプロセスで製造されたもので、最大3.1GHzで動作するとしています。

またRAM(メモリ)はiPhone 11と同様の4GBが用意されることから、ローエンドながら3~4年は使用できると伝えられています。

 

「iPhone 12 mini」にはワイヤレス充電、デュアルカメラ(広角、超広角レンズ)、ナイトモードなどが搭載されますが、拡張現実を強くサポートする3DカメラであるLiDARスキャナーを搭載するかどうかは定かではないとする一方で、LiDARスキャナーの搭載はiPhone 12のハイエンドモデル2種の特権であると多数のメディアが予測している点にも触れています。

 

iPhone 12 mini の筐体サイズを試算 iPhone 8より小型で手頃なサイズに

「iPhone 12 mini」のディスプレイは有機EL(OLED)で5.4インチになるとされています。

iPhone 11シリーズで最もコンパクトな「iPhone 11 Pro」が5.8インチであったことを考えると、さらに手頃なサイズ感になります。

さらに、iPhone 11シリーズのローエンドであった「iPhone 11」は有機ELではなく液晶(LCD)ディスプレイを採用していましたが、iPhone 12ではローエンドでも有機ELディスプレイの採用となるようです。

 

 

ガジェット系ニュースサイトのiPhone maniaでは、「iPhone 12シリーズはiPad Proのようなフラットフレームとベゼル幅がさらに切り詰められた有機ELディスプレイが搭載される」という予測を元に、5.4インチディスプレイを搭載する「iPhone 12 mini」がどれほどの外形寸法になるか、試算を行っています。

「iPhone 12 mini」の本体の対角長はベゼル幅とフレーム幅の合計値を3mmと仮定したものとしています。

また高さと幅の数値は、5.8インチのディスプレイを搭載する「iPhone11 Pro」の縦横比が、「iPhone 12 mini」の5.4インチディスプレイに合わせて均等に縮小すると仮定して設定されたものです。

モデル名 ディスプレイサイズ(対角) 本体の対角長 高さ
iPhone SE(初代) 4インチ 約130mm 123.8mm 58.6mm
iPhone 8  4.7インチ 約146mm 138.4mm 67.3mm
iPhone 11 Pro 5.8インチ 約151mm 144.0mm 71.4mm
iPhone 12 mini(予測値) 5.4インチ 約140mm 約134.0mm 約66.4mm

 

試算によれば、「iPhone 12 mini」はiPhone 8やiPhone SE(第2世代)よりもやや小さく、iPhone SE(初代)との中間辺りの筐体サイズとなります。

またこの数値はあくまで予測値であり、実際に採用される筐体デザインによっては筐体サイズも変化するとしています。

 

Svetapple.skでは、iPhone 12 miniの筐体サイズについて、「iPhone SE(第2世代)」の筐体サイズにガッカリした初代iPhone SEユーザーでも満足できる、と称しています。

エッジ感の強い角ばったフレームに、iPhone 8よりもコンパクトなサイズの、初代iPhone SEに似たiPhoneになるだろうとしています。

 

Svetapple.skはiPhone 12 miniについて、その他のモデルと同時に2020年10月にリリースされるとし、また全てのモデルで5G通信に対応すると伝えています。

また、iPhone 12 miniの価格は699ユーロ(約83,000円)あるいは799ユーロ(約95,000円)と、おおよそですが見積もりを立てています。

 

 

EverythingAppleProは、iPhone 12 Pro Maxと思われるCADデータを元に、iPhone 12シリーズのレンダリング画像を作成しています。

 

第2世代iPhone SEと思われる一番左側のiPhoneの右隣にある、(PRODUCT)REDカラーの「iPhone 12 mini」と見られるモデルは、やや高さがあるように見受けられます。

EverythingAppleProのTwitterに投稿されたこの画像に対して、「新型iPhone SEよりも大きく見える」と疑問のリプライがついていますが、一方で「縦に大きくなった分、横幅が細くなっているのではないか」と指摘の声が上がっています。

 

iPhone 12 miniは縦長になることで、アスペクト比が異なったものになる可能性も

 

EverythingAppleProは、iPhone 12 Pro Maxと思われるCADデータを元に、iPhone 12シリーズのレンダリング画像を作成しています。

 

第2世代iPhone SEと思われる一番左側のiPhoneの右隣にある、(PRODUCT)REDカラーの「iPhone 12 mini」と見られるモデルは、やや高さがあるように見受けられます。

EverythingAppleProのTwitterに投稿されたこの画像に対して、「新型iPhone SEよりも大きく見える」と疑問のリプライがついていますが、一方で「縦に大きくなった分、横幅が細くなっているのではないか」と指摘の声が上がっています。

Photo:Twitter / EverythingApplePro

 

EverythingAppleProが公開したレンダリング画像のスケーリングが正しいのであれば、iPhone 12 miniでは縦に長さが伸びる分、横幅は小さくスリムになると予想できます。

結果としてiPhone SE(初代)の横幅に近づくことで、より持ちやすくなる可能性があります。

また、筐体サイズの縦横の比率が変更されるのであればディスプレイのアスペクト比が変更される可能性も出てきます。

 

iPhone 12 miniディスプレイのアスペクト比がこれまでのスタンダートと異なるものになるのであれば、なかなか挑戦的な設計と言えるのではないでしょうか。

source:svetapple.sk

source:iPhoneMania

Photo:PhoneArena

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧