iPhone12 Proのカメラ、iPhone11 Proと撮り比べ

iPhone12 Proで進化したカメラの性能をiPhone11 Proと比較した動画を、米メディアMacRumorsが公開しました。

 

さらに高性能化したiPhone12 Proのカメラ

 

iPhone12 Proのカメラは、インカメラでもナイトモードとDeep Fusionに対応し、LiDARスキャナを活用した高速オートフォーカスなど、iPhone11 Proからさらに性能が向上しています。

 

iPhone12 ProとiPhone11 Proで、カメラの進化を確認してみましょう。

 

ナイトモードでのセルフィー撮影

iPhone12 Proでナイトモード撮影したセルフィー(左)は、iPhone11 Pro(右)と比べて全体に明るく、ノイズが少なく鮮明に撮れていることが一目瞭然です。

  

 

背面カメラも進化

iPhone12 Proは、広角カメラがƒ/1.6と、iPhone11 Proのƒ/1.8よりも明るくなり、薄暗い場所での撮影性能が向上しています。

 

屋外の明るい場所で撮影した写真は、両モデルともきれいに撮れていますが、iPhone12 Proでは、木の影になっている部分などのディテールがより鮮明に撮れていることがわかります。

  

 

ポートレートモード

iPhone12 Proは、A14 Bionicプロセッサの処理能力と、LiDARスキャナによる深度コントロール性能の向上により、ポートレートモード撮影時に被写体と背景の分離精度が向上しています。

 

  

 

ナイトモード

iPhone12 Proでは、超広角カメラでもナイトモードが利用可能になりました。暗い屋外で撮り比べた写真では、iPhone12 Proで撮った写真のほうが全体に明るく撮れています。

 

  

 

動画撮影

iPhone12 ProではLiDARスキャナの効果により、iPhone11 Proよりもオートフォーカスが高速になっています。

 

また、iPhone12 ProではHDR Dolby Vision撮影と編集に対応していますが、現時点ではMacでの編集や再生に非対応のため、活用の幅は限られます。

 

  

 iPhone12 Proでは、長時間露出で夜空などを撮影できるナイトモードタイムラプスに対応していますが、撮影には三脚での固定が必要です。

 

さらに高性能カメラ搭載のiPhone12 Pro Maxも近日発売

MacRumorsは、iPhone12 Proのカメラについて、iPhone11 Proから確実に進化しているが、暗所撮影機能などの新機能以外では、iPhone11 Proから買い換えるほどの大きな変化とは言えないだろう、と指摘しています。

  

 11月6日には、センサーシフト光学式手ぶれ補正を搭載し、さらに高いカメラ性能を誇るiPhone12 Pro Maxの予約受付が開始され、11月13日に発売されます。

 

先日は、プロの写真家がiPhone12 Proで撮影した作品を公開し、ナイトモードの性能を高く評価しています。

 

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中