iPhone13は画面上部のノッチが縮小、全モデルでLiDAR搭載か


[公開日:2020/12/22]

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

2021年発売となるiPhone 13シリーズでは、すべてのモデルにLiDARスキャナが搭載される、と海外メディアGizchinaが報じました。

またFace IDユニットが小型化し、それに伴い画面上部のノッチ(切り抜き部)が小さくなると見られています。

 

LiDARスキャナ搭載の12 Pro人気 iPhone 13でも続投か

LiDARスキャナは、iPhone 12 ProやiPad Pro(2020)に搭載されたToF(Time of Flight)式の3Dセンサーです。センサーからレーザーを照射し、物体に反射して返ってくるまでの時間で、物体の奥行や形などを正確に測ることができます。

 

iPhoneシリーズで初めてこのLiDARスキャナを搭載したiPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Maxは一時発送が滞るほどの人気を誇っています。

このことからAppleは、iPhone 13シリーズ全モデルでLiDARスキャナを搭載する可能性があるといいます。

 

また、サプライヤーに詳しい情報筋によると、iPhone 13用の筐体はリアカメラのレンズ穴の数が増えているといい、これもLiDARスキャナの搭載との噂を後押ししているようです。

 

iPhone 13シリーズでは遂にノッチが小型化

さらに、iPhone 13シリーズでは画面上部のノッチが小型化するという情報も伝えられています。

iPhone XからiPhone 12シリーズまで続いている画面デザインのノッチ部分にはインカメラ兼Face IDユニットが搭載されていますが、このユニットが小型化することでノッチも小さくなる見通しです。

 

iPhone 12シリーズ発売前のリークにおいても「ノッチの横幅が小さくなる」と噂されていましたが、実際発売されたiPhone 12シリーズではノッチ幅は据え置きとなっていました。

 

著名なリーカーらによると、iPhone 13シリーズのノッチについてはまだ開発段階でデザインは確定していないといいます。

とはいえ、「横幅が小さくなる」「縦幅が小さくなる」といったノッチのデザイン変更が実装される可能性は期待できるようです。

source:Gizchina

Photo:Twitter / @Ben Geskin

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧