iPhone13 miniは発売されない可能性がある?!

iPhone修理ダイワンテレコム渋谷店です。2020年に発売されたiPhone12シリーズ。売上としては全体的に好調でしたが、iPhone12miniだけが伸び悩み「Appleを失望させた可能性が高い」という調査結果が報じられているのです。

米調査会社CIRPのレポートによると、iPhone 12モデルは発売直後の10月~11月に新規iPhone販売の76%を占めたとのこと。

iPhone11シリーズの2019年10月~12月の売上は69%にとどまったとの調査もあり、期間が異なるので単純には比較できません。

しかし、最新モデルは成功していると言えそうな結果になっています。

 

しかしAppleは自社製品の販売台数を非公表としている為、数値は推測しているに過ぎないのです。

iPhone 12シリーズのうち最も売れたと見られるのがiPhone 12です。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxもおよそ20%となっています。

対照的に2019年にはiPhone 11販売が約39%と飛び抜けていますが、

2020年モデルではLiDARスキャナを備えたProモデル人気が際立っていることを反映しているのかもしれません。

 

日本ではコンパクトで持ちやすいiPhone 12 miniは売れるとの期待もありましたが、

少なくとも世界的には、有名アナリストMing-Chi Kuo氏の

「iPhone12 miniは安いが画面が小さすぎて大衆市場にアピールできないのでは?」という予測が当たってしまったみたいですね。

 

2021年に発売のiPhone13シリーズでもminiは存続するとの噂が有力です。手のひらサイズのスマホが好きなユーザーは

2022年以降に後継機種として出るかどうか気がかりになりそうです。

source:engadget

Photo:9to5mac

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中