iPhone13は光学式から超音波式の指紋認証に変更か

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店でございます。

2021年発売予定のiPhone13にはディスプレイ下埋込型の指紋認証センサーが搭載される可能性が高いとされています。

搭載されるセンサーは光学式と超音波式が予想されており、以前は光学式とお伝えさせて頂きましたが、超音波式に変更された可能性が浮上しています。

元々は光学式で開発?

これまでiPhone13のディスプレイ下埋込み型指紋認証センサーについて光学式が有力とされていました。

というのもThe Wall Street JournalがAppleの元従業員の話として「Appleはディスプレイ下埋込み型の光学式指紋認証センサーを検討している」と報じていた為です。 

しかしながらリーカーのマクガイア・ウッド氏は光学式指紋認証センサーから新設計の超音波式指紋認証センサーでの開発に変更したと述べています。

光学式を検討していると伝えたAppleの元従業員の退職後に超音波式指紋認証センサーへ変更された可能性もあるようです。

認証精度の問題か

光学式から超音波方式のセンサー開発に移行した点についてウッド氏は認証制度の問題ではないかと伝えています。

超音波方式に比べて光学式指紋認証センサーは誤認証する可能性があるとの事。

超音波指紋認証センサーを搭載したプロトタイプも存在しているとの事で、こちらのテストでは認証精度も高いとの事です。

 

光学式と超音波式については、今後も情報が入るかと思いますが果たして、どちらの方式が採用されるのでしょうか。

 

引用元:Appleosophy

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都東京都 豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中