iOS14.5、詐欺Webサイトの情報源がGoogleからApple

iPhone修理ダイワンテレコム池袋店です。iOS14.5では、Safariでフィッシング詐欺などの疑いがあるWebサイトにアクセスしようとした際の警告が、Googleの情報に依存せず、Apple独自のデータベースに基づいて表示されることが分かりました。

 

iOSやiPadOSのsafariでは「詐欺Webサイトの警告」がオンになっていると、ユーザーの情報を盗み取るフィッシング詐欺の疑いがあるWebサイトにアクセスしようとすると警告が表示されます。safariはこれまでグーグルがWebサイトを自動巡回して収集した情報を利用して危険なサイトにユーザーが行った際、警告していました。しかしiOS14.5では、Googleのデータに依存せず、Apple独自のデータベースにより、必要な時にユーザーに警告するようになります。

 

プライバシー保護強化の一環

この変更はユーザーのプライバシー保護を強化する目的で行われたと考えられております。AppleはアプリやWebサイトをトラッキング(追跡)する場合はユーザーの許可を必要とする仕組みを2021年春から導入すると発表しています。

source:iphone mania

この記事を書いた店舗情報

池袋店

130-0013
東京都豊島区東池袋1丁目40−3池袋旗ビル1F

03-6877-3810

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中