最新!世界のiPhoneの売れ行き

朝霞・和光・新座・志木・さいたま市近隣にお住いの皆さん、こんにちは!

iPhone修理のダイワンテレコム朝霞店でございます♪

 

以前(昨年くらいまで)の認識ではiPhoneは日本でこそ人気のスマホですが、

ここにきて世界でのiPhoneの売上がとても好調のようです!

ちなみに日本でのiPhoneもといiOSのシェア率は、昨年で約50%のようです。

 

スマホを持つ日本人の二人に一人はiPhoneを使っているということになります。

これって凄いことですよね(驚)

2021年1月の世界でのスマホ売行トップ10のうち、6つがiPhon

 

2021年1月における世界スマートフォン売上トップ10のモデルのうち、

1位~4位、8位、10位を、AppleのiPhoneシリーズが占めたことがわかりました。

 

1位に輝いたのは、それはもちろん最新の『iPhone12』です!

(※12Proやminiではなく素の12になります。)

 

その後にiPhone12Pro Max、iPhone12Proが続く形になります。

 

この3モデルのみで、2021年1月のiPhoneの総売り上げの71%を占めた

いうようです。

やはり最新モデルって、それだけ皆が買いたくなるほど魅力的ですよね^^

 

なお、本国アメリカでの同月の売れ行きトップはiPhone12Pro Maxのようです。

気になるiPhone12 miniの売れ行き

iPhone12miniは10位以内にはランクインしたものの、1年以上前のモデルである

『iPhone11』の順位を下回ったそうです。

最近、iPhone12miniの売れ行きが芳しくないとの情報をよく耳にしますが、

それは本当だったようですね…

 

好調な12シリーズの中で、何故唯一不人気機種となってしまったのか。

 

筆者の個人的見解ですが、

iPhone12miniは『小型』『低価格』という所謂12シリーズの中の

廉価版の立ち位置になります。

ですがiPhoneは元々他のアンドロイドなどのスマホに比べ機能性や

デザインを重視した『ちょっといいブランド』的な立ち位置になっています。

 

『ちょっと高くてもカッコいいもの』『ちょっと高くてもより機能がいいもの』

を求めているiPhoneユーザーにとって、機能やデザインが劣ってしまう

12miniは刺さらなかったのでしょう…と筆者は考えました。

 

私自身も、12シリーズで選ぶとしたら12Pro一択でしょう。(ください笑)

 

 

そしてこの12miniがなかなか売れないとなると、次期iPhoneのラインナップに

後継機種が残るかどうかも怪しくなってきますよね。

ですが今秋発表が予想される13シリーズ(仮称)までは、どうやら12miniの

後継モデルはラインナップされるとの噂もあるので、安心していいのでしょうか!

 

 

ということで今回は現行モデルのiPhoneの人気っぷりを紹介させていただきました!

筆者は今秋発売予定の13シリーズがでたら少し様子を伺いつつ買い替えたいと

思います!

 

それでは、またのブログでお会いしましょう~^^

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

351-0005
埼玉県朝霞市根岸台3丁目20カインズ朝霞店 2F

070-1303-2774

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中