寒くなるとおこりやすいiPhoneの不調

成田、富里、公津の杜、酒々井町付近にお住いの皆様こんにちは

アイフォン修理のことなら当店にお任せください♪
iPhone修理のダイワンテレコム成田店でございます。

朝晩冷えこむようになってきましたね!

ダイワンテレコム成田店の周りでも、イオンモールでの秋物の買い物のお客様で賑わっています。

これからどんどん外気温が下がっていくかと思われますが、

そんな時に現れやすいiPhoneの不調があるのですがそれはなんだと思いますか??

 

それはバッテリーの劣化の進行なのです。

 

凍てつくくらい寒い空気の中でiPhoneを使っていると心なしか電池の減りが早いと思う事がありませんか?

実はそれ、実際にiPhoneのバッテリーがダメージを受けているからなのです。

iPhoneの中に内蔵されているリチウムイオンバッテリーは非常にデリケートで、極端な温度(変化)に弱い傾向にあります。

よって、夏場の日差し気温・室温が高温になる季節、これからの時期のように風が冷たく、気温・室温が低い季節には注意が必要なのですね。

 

夏だとこれに加えてバッテリーが膨張して画面を押し上げてしまうこともあります。

 

冬だと90%くらい充電が残っているのに突然電源が落ちて再起動する、といった症状も見られます。

その後問題なく再起動できるからただ電源が落ちただけだと思われがちですが、本体には相応のダメージを与えています。

大事なやり取りをしている時や、大事な情報をほとんどiPhoneに入れている人にとってはおそろしい事ですよね…

さて、それではご自分のiPhoneのバッテリーがどれだけ劣化しているか知るための方法はあるのでしょうか?

 

 

『設定』→『バッテリー』→『バッテリーの状態』→『バッテリーの最大容量』

の順序で確認して見てください。

 

その時、

『バッテリーの状態』の横に「サービス」の文字が表示されている方は早急にバッテリーの交換が必要です。

すでに劣化が著しく、もう交換した方がいいという表示になります。

 

『バッテリーの最大容量』85%以下だった場合は、バッテリーの交換目安という事をAppleが提唱しています。

 

皆さんのiPhoneではいかがでしょうか?

ちなみに筆者のiPhone81%なので、そろそろ寿命がきており、20%を切ると電池の減りが急激に早くなります。

 

さて、そんな症状もiPhoneのバッテリー交換を行えば解決できます!

ダイワンテレコム成田店でも日々、皆様のiPhoneのバッテリーの交換に応じており、

地域最安値、即日対応を目指して皆様にご好評いただいております!

 

もしこの中に、iPhoneの電池の減りが早い、電源が落ちやすくなった、という方がいらしたら、お力になれるかと思いますので、ぜひご来店頂けたらと思います!

 

もちろんそのほかにも、

・画面が割れてしまった

・水没させてしまった

・液晶が誤作動する

・起動しなくなってしまった

 

など様々なiPhoneのお悩みのご相談を承っておりますので、

ぜひご来店くださいませ!

 

ダイワンテレコム成田店は皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

この記事を書いた店舗情報

成田店

286-0029
千葉県成田市ウイング土屋24 イオンモール成田店 1階

070-1595-6404

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中