iPhone14の展望は!!半導体不足の解消に光明アリ?

皆さんこんにちは。

iPhone修理ダイワンテレコム モラージュ菖蒲店です!

本日は11月3日 水曜日ですね!

文化の日で祝日でもあります!

今日お休みの方や、そうでない方もiPhoneの修理は当店までお任せください♪

 

お買い物のついでに、お仕事帰り、学校帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ!

iPhone修理は、画面修理、バッテリー交換、lightningコネクタの修理、水没修理などお使いのiPhoneの気になった場所を修理させていただきます!

iPhone5シリーズからiPhone12シリーズまで対応しております!

iPhone以外でもiPadやAndroid、Nintendo Switchなどお気軽にお持ち寄りくださいませ。

 

さて、本日お送りするブログの内容は「iPhone14」に関する内容です!

 

発売から1ヶ月以上経つ「iPhone13」ですが、コロナ禍による巣篭もり需要で半導体を使う製品が非常に品薄になった為、出荷台数が非常に限られていました。しかし、近頃のコロナ情勢を踏まえ徐々に半導体の生産数は回復傾向にあり来年の2月にはコロナ禍前と同様の生産数を確保できるとのことです。これにより「iPhone13」をはじめとする多くのApple製品が今よりも潤沢に納品されるそうです♪

近年の半導体不足は、iPhoneやPCといった小型家電だけでなく、車のブレーキシステムやカーナビなど大小問わず様々な分野で問題となっていました。この供給不足が改善されると様々なデバイスの生産が加速したり更なる技術進歩が望めそうですね!

「iPhoneシリーズ」で言えば最新機種に「Touch ID」が採用されることや、ノッチ部分のディスプレイ化などがより早く加速するかもしれません!

今後の展望に期待大です!

 

 

iPhone14のイメージ画像が公開??


今回ご紹介するのはiPhone14シリーズのノッチ部分に関する噂から作成された画像を中心にお話を進めていこうと思います!

情報リーカーのジョン・プロッサー氏によれば、

 

iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxはパンチホールデザインのフロントカメラを採用する」という見通しだそうです。

 対して、iPhone14とiPhone14 Maxは引き続きノッチを採用するとプロッサー氏は予想しており、今後のiPhoneのディスプレイにどれだけ影響を与えるか楽しみですね。

iPhone14 Proシリーズのパンチホールは丸型になるとプロッサー氏は予想しているそうなのが、最近の噂では横長の穴になるという予想や、パンチホールの穴が2つあるという予想も伝えられています。

iPhone14 Proシリーズにおいて、フロントカメラ以外のFace ID機構をディスプレイ下に配置し問題なく動作させられるかどうかで、パンチホールのデザインが変わりそうです。

ノッチはiPhone  Xシリーズの性質上FaceIDを昨日させるパーツの関係でどうしても必要になってきます。そのパーツが他のパーツと統合することや、その他の部分に移動させることでノッチの縮小化やノッチをなくすことができたらいいですね♪

 

さらに言えば、最新型iPad miniに導入された「Touch ID」の技術を転用して「iPhone14」にプラスされるともいわれています。

以前のiPadシリーズにも電源ボタン部分に「Touch ID」が採用されていたのでminiシリーズにも採用され小型化が進んできたということなのではないでしょうか。

早くiPhoneシリーズにも採用されて欲しいですね!







 

最後に

 

 ご精読ありがとうございました。

iPhoneの今後の展望に期待ですね。

 

現世代最新世代に当たる「iPhone13」シリーズの修理も当店で準備しております。

もう少しパーツの調達に時間がかかってしまいますが、お客様のお役に立てるように早急に用意いたします!

・買いたてのiPhone13を落としてしまった。

・買い換えたのにiPhoneのタッチがおかしい

・保証をが切れてしまったので交換して欲しい

など、お客様のご要望に応えられるように善処いたします!

何かご不明点等ございましたら当店までお気軽にお申し付けくださいませ!




iPhone修理ダイワンテレコム モラージュ菖蒲店

 

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

モラージュ菖蒲店

〒346-0106
埼玉県埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005−1モラージュ菖蒲1F

070-1271-7186

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧