iPhoneが突然真っ暗になったら

iPhonen画面が真っ暗に⁈「壊れてしまった!?」と心配になるかもしれませんが、もしかしたら簡単な操作で復旧するかもしれませんので、まずはすぐに試せる対処法をトライしてみましょう。
 

対処法1:正しい道具を使って充電をする

 
Appleの純正ケーブルを使用してみましょう。意外に思われるかもしれませんが、実は意外と見落としがち。焦っているときは特に気づきにくいのですが、iPhoneのバッテリー切れが原因かもしれません。画面をつけたまま長時間置いたままにして、気づかないうちにiPhoneのバッテリーが無くなることがあります。
 
そうすると、iPhoneを触っても、電源ボタンを長押ししても、うんともすんともいわず、あたかも故障したような見た目になってしまいます。当然ですが、この場合の対処法は、iPhoneを充電することです。
 
ただ、充電器に繋いでも、iPhoneの電源がつくようになるまではしばらく時間がかかるかもしれません。iPhoneの充電を開始してから、数分は待ってみましょう。
 
また、充電ケーブルの不具合が原因で正常に充電されないことも考えられます。特に、Appleが提供しているもの以外のケーブルを利用した場合には、不具合が起こる可能性も考えられますので、検証する際はAppleの純正ケーブルを使用するようにしましょう。
 
それ以外にも「ケーブルの断線」「コンセントとのアダプタの不具合」「iPhoneとの接触不良」など、正しく充電できない原因はいくつも考えられます。一度の充電で諦めるのではなく、「他のケーブルを使う」「コンセントではなく、USBによる給電を試みる」「ワイヤレス充電をする」など、いくつかの方法を試してみるようにしましょう。
 
それでも解決しない場合は、バッテリー切れが原因ではないのかもしれません。
 

対処法2:iPhoneを強制的に再起動させる

 
何らかの原因でiPhoneが不具合を起こし、動かなくなることがあります。iPhoneは精密機器ですから、ときにはフリーズしてしまうこともあります。そういうときは強制的に再起動をかけてみましょう。
 
再起動の方法は、お手元のiPhoneのモデルによって違いますので、それぞれの方法を紹介します。
 
「iPhone 8」以降の場合 ※「iPhone SE (第2世代)」を含む
 
 

1〜3の順番で押してみる

ホームボタンが無いタイプのiPhoneは、ちょっと操作が複雑です。手順がありますので、以下の流れに沿って操作してみてください。1. 音量を上げるボタンを押して、すぐに放します。2. 音量を下げるボタンを押して、すぐに放します。3. サイドボタンを、Appleロゴが表示されるまで長押しします。1〜3の順番で押してみる
 
「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の場合
 
 

Appleのロゴマークが表示されるまで押し続ける

iPhone 7/iPhone 7 Plus は、サイドボタンと音量を下げるボタンの両方を同時に長押しします。Appleのロゴマークが表示されるまで押し続けます。
 
「iPhone 6s」以前の場合 ※「iPhone SE(第1世代)」を含む
 
 

Appleのロゴマークが表示されるまで長押し

ホームボタンがあるiPhone(iPhone 7シリーズ以外)の場合は、ホームボタンとサイドボタンを、Appleのロゴマークが表示されるまで長押しします。
 
上記を試しても改善しない場合は、なにか物理的な不具合や故障が原因になっているかもしれません。その場合は修理をご検討ください。画面バーツを交換することで改善することもあります。

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧