2020年のiPhoneは「iPhone4」風デザインの噂

iPhoneのようなデザインになる説

2020年に発売されるiPhoneはデザインが大幅に変更されiPhone4のような金属製フレームをガラス版で挟み込むデザインに変更されると、あの著名なアナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

このデザインについて以下のように予想しています。

 

・金属製のフレームと前面と背面のガラスパネルという構造は維持される。

 

・現在の金属フレームのデザインはiPhone4みたいなデザインに変更される。

 

・金属フレームは、高周波数帯の電波を妨害しない溝が設けられた複雑な構造となっており、射出成形製法で製造される。

 

・サファイアかもしくはガラスが金属フレームのフレームの溝を覆うような構造になる。

デザイン変更で製造コストは大幅増

ミンチー・クオ氏はデザイン変更により製造コストが大幅に増えてしまうとも予測しています。

製造コストの上昇幅は金属フレームで50%~60%、ガラス製パネルは最大で40%~50%にのぼるとクオ氏は見ています。

 

ただし背面にサファイアではなく強化ガラスが採用されれば、コストの上昇幅は金属フレームが25%~35%、ガラス製パネルは20%~30%程度に抑えられるだろう、と述べています。

デザイン変更と5Gで2020年のiPhoneはヒット作になるか

ミンチー・クオ氏は2020年のiPhoneはデザイン変更と次世代モバイル通信規格5Gに対応する事で大きく売り上げを伸ばし、サプライヤーともに利益も伸びると考えています。

同氏は、新型iPhoneの出荷台数は2019年モデルの約7,500万台から、2020年モデルでは8,500万台と1,000万台も上昇する予想です。

画面サイズ変更とカメラのセンサー変更

2019年6月に同氏は、2020年のiPhoneは、iPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxの後続にあたるモデルの画面サイズが、現在の5.8インチと6.5インチから5.4インチと6.7インチへと変化するとの予測を発表しています。

 

また、背面カメラには立体物の認識精度の高いToF(Time-of-Flight)センサーを搭載するとも予測しています。

 

だれもがハズシ続けているiPhoneSE2の発売予想ですが、ついにミンチー・クオ氏も予測を始めたことで少し信憑性が高まったように思えます。今度こそ発売なるか!?乞うご期待!!

source:iPhonemania

Photo:iPhonemania

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧