AppleとGoogleが共同開発の新型コロナ対策アプリ 5月に公開


[公開日:2020/04/11]

iPhone修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

AppleとGoogleは、世界中で流行する新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐ保健機関・政府による活動を支援するべく、共同での取り組みを行うと発表しました。

ユーザーのプライバシーとセキュリティを遵守しつつ、新型コロナの感染因子とされる「濃厚接触」の可能性を検出する技術を共同で開発します。

 

Apple、Google共同テクノロジーで新型コロナ拡散防止へ

新型コロナウイルス感染症は、ウイルス感染者と接触することで伝染する可能性があるため、保健機関では「濃厚接触」を検出し追跡することで、感染拡大を抑えることができるとしています。

AppleとGoogleは、感染者との濃厚接触を検出・追跡するためのソリューションを大きく2つのステップに分けて、共同で開発・実装します。

 

まず第一ステップとして、公衆衛生当局が提供するアプリを利用する、iOSおよびAndroid端末間での相互運用を実現するAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を5月に公開します。

これらの公式アプリは、iOSはApp Store、AndroidはGoogle Playでそれぞれダウンロードできるようになります。

 

そして第二ステップでは、今後数ヵ月というスパンで、基盤となるプラットフォームに濃厚接触の検出機能を組み込むことで、Bluetoothを利用した濃厚接触の可能性を検出するプラットフォームの構築を目指します。

これが実現すると、ユーザーがオプトインした場合にはより多くの人が参加できるようになり、政府の保健当局やアプリなどの広範なシステムとの協働が可能になるなど、第一ステップよりも強固な体制で濃厚接触の検知・追跡が行えるようになります。

 

これらの取り組みではプライバシーの保護、透明性、そして利用者の同意が重要としており、AppleとGoogleだけでなく、様々な関係者と協議を重ねて開発を行っていくとしています。

また、第三者による分析を可能とするため、この取り組みに関する情報は公開することを前提に進めていきます。

GoogleとAppleは、Bluetoothの暗号化の仕様とフレームワーク資料を含んだ、ドラフト版の技術資料をのちにリリースする予定です。

 

AppleとGoogleはこのようにコメントしています。

「世界が直面している最も差し迫った問題を解決するために、AppleとGoogleが力を合わせる必要性をこれまでに無いほど感じている。開発者、政府、公衆衛生当局との緊密な協力と連携に基づいて、テクノロジーの力を活用して、世界中の国々が新型コロナウイルス感染症の拡大を抑え、いち早く日常生活に復帰することを支援したいと考えている。」

Photo:Twitter / Tim Cook

 

Apple、Googleはこれまでも新型コロナウイルス拡散防止に貢献

AppleとGoogleは以前より新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために様々な取り組みを行っています。

Appleでは、米国在住者が自身が新型コロナに感染していないかを自己診断を行えるアプリとWebサイトを、ホワイトハウスのCOVID-19対策部門、米疫病対策センター(CDC)、米連邦緊急事態管理局(FEMA)の協力を得て作成、アプリはApp Storeにて公開しています。

また、医療従事者向けにフェイスガードを2,000万枚以上寄付するほか、世界中でApple Storeの臨時閉店を行っています。

Googleでは、同意を得たユーザーのロケーション履歴情報を収集し、131か国の外出データを公開しています。

source:Apple

source:Google

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧