中古スマホ購入時に気をつけるポイント~赤ロム編~

iPhoneをお使いの皆さまこんにちは

iPhone修理ダイワンテレコム朝霞店でございます。

 

突然ですが皆さま

中古のスマホをご購入された事はありますか?

リサイクルショップなどでよく目にしますよね!

ネットのオークションサイトやフリマサイトなどでは様々な機種のスマホが販売されており、iPhoneだけでもその数は膨大で迷ってしまいます。

 

ただ、

「中古のスマホを買うのって何か不安」

という気持ち、どこかにありませんか??

 

確かに何も知識がなくどれでも一緒と買ってしまうと

そのスマホが使えなくなってしまったり

すぐに壊れてしまったり

後悔してしまうかもしれません。

 

そこで今回は

中古スマホを購入する時に気をつけるポイント

『赤ロム』について解説していきます!

 

赤ロムとは?

いきなり赤ロムって何なの?

と思われるかもしれませんが

とても大事なポイントなのでご説明します!

 

そもそろそろロムとは?というところですが

一言でいうと端末の契約状況の状態という事です。

ガラケー時代にうまれた言葉で

容量をしめすROMとは関係ありません。

赤ロムの他にも白ロムや黒ロムなどありますのでそれぞれ解説していきます。

 

【白ロム】

スマホではSIMカードを差し込んでいない状態、SIMカードを差し込めば使える端末の事をいいます。

スマホではsimカードに契約情報が入っている為、それを抜けは中身は白というイメージです。

 

【黒ロム】

スマホではSIMカードが差し込まれていて使える状態をいいます。

つまり、今使っているスマホですね!

 

【灰ロム】

スマホではSIMカードは挿入されているものの、そのSIMカードは解約済みという場合に使われます。

こちらはガラケー時代によくあったもので現在はあまり耳にしません。

ガラケー時代は噴出した場合、キャリアで契約を解除してましたよね!

中の情報は残っているものの実際には使えない端末の事をいいます。

 

【赤ロム】

割賦契約(分割払い)で購入したもののその支払いがされず、利用できないようにキャリアがロックをかけた端末の事。

今はスマホを分割で買うことが多いですよね!まだ支払いが残っている状態で

スマホを売却してしまう方もいます。

もちろん本体売却後も分割の支払い義務は続きますが

それが途絶えてしまった場合、ネットワーク制限がかかってしまい「その中古スマホを買った方」が使えなくなってしまいます。

つまり

中古でスマホ買って使っていたら

ある日急に使えなくなってしまうわけですよね!とっても嫌ですね。。

 

 

赤ロムかチェックするには?

購入を検討している中古スマホが赤ロムかどうかチェックする方法は

端末の製造番号「IMEI」を使って簡単に調べる事が出来ます。

 

【iPhoneの場合】

①ホーム画面で「設定」をタップします

②「 一般」から「情報」を選択します

③「 情報」画面でIMEIを確認できます。

 

【androidの場合】

①メニューキーを押し、[設定]をタップします。 

②[設定]一覧を下にスワイプし、[端末情報]をタップします。

③[端末情報]一覧から[端末の状態]をタップします。 

④[端末の状態]一覧から[IMEI]で表示されます。

 

ここでIMEIが分かれば以下の各キャリアサイトから調べることができます。

https://www.au.com/support/service/mobile/network-riyoseigen/

 https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/160517_00_m.html

○△☓の意味は?

ネットワー制限のチェックをすると出てくるのが

○△☓の記号です。

それぞれの意味を解説します。

 

○・・支払いが完了している。

   今後ネットワーク制限がかかることはほぼありまません。

   ※ただし、後から不正契約が発覚したり犯罪に使われていた端末だったりした場合は

    制限されますので100%ないというわけではありません。

 

△・・残債があり支払い継続中

   支払いは残っていますがきちんと支払いされているので使用に問題はありません。

   ※今後支払いが滞ってしまう可能性も0ではありません。

 

☓・・残債が支払われずネットワーク制限中

   これが通称赤ロムです。使用することはできない状態です。

 

中古スマホ購入の前にはチェックが大事

このようにスマホを購入する前には必ずネットワーク制限をチェックしてみましょう。

オークションやフリマサイトなどでは

販売の説明欄にIMEIが書かれている事が多いです。

もし書いておらず、自己申告で○と書かれている場合は注意が必要です。

自信でも必ずチェックする事をオススメします。

 

また大手のリサイクルショップなどでは

『赤ロム保証』と言って万が一購入した中古スマホにネットワーク制限が掛かってしまった際には無料で返金は同等のものと交換してくれるサービスもあるので安心ですね!

いかがでしたでしょうか!

中古スマホは安くてSIMを入れるだけで使えるのでとっても便利ですが

購入の前にはしっかりIMEIを確認しましょう!

他にも中古スマホを購入する際のポイントはいくつかありますので

またの機会にお話させていただきます!

 

 

それではまた次回お会いしましょう~(^^♪

この記事を書いた店舗情報

朝霞店

〒351-0005
埼玉県朝霞市根岸台カインズ朝霞3F

070-1303-2774

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中