EU、法案提出見込み バッテリー交換がユーザー内で可能に?


[公開日:2020/02/28]

こんにちは

いつもご覧いただきありがとうございます。

アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。

 

スマートフォンに搭載されているバッテリーをユーザー内で交換可能にすることを義務付ける法案がヨーロッパ連合(EU)で提出される見込みです。

これが通った場合、iPhoneの今までの機能にも大きく変化が生じるようです。

バッテリー交換はユーザーで

対象はEUが販売するスマートフォンです。

バッテリーを誰でも簡単に交換できるようにすることを義務付ける法案が、オランダメディアHet Financieele Dagbladが流出した法案文書をもとに、3月中旬には提出される見込みだと報じています。

もしもこの法案が実際に提出され、欧州会議で可決された場合は数年後にはバッテリー交換式でないスマートフォンがEU圏内では販売禁止になることになります。

バッテリー交換式となった場合、今までのような構造にはできないのでiPhoneなどのスマートフォンのべセルやフレームが厚くなるこは避けられないほか耐水防塵性能も消失してしまうとみられます。

 

充電用ケーブルの統一規格採用の義務化

今回の法案は、数年で消耗するバッテリーをユーザーが簡単に交換できるようにることで、電子ゴミを減らしたいという考えのもと作成されていると考えられます。

EUは同じ目的から、スマートフォンの充電端子を世界共通規格に統一するこを「奨励」してきました。

しかし、各メーカーが今まで採用に消極的であるため、現在充電用端子の統一を義務付ける法案が議論されているのです。

独自規格Lightningポートを廃止する必要が生じるAppleは、「イノベーションを阻害する」として反対意見を提出しています。

 

source:9to5Mac

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧