iPhone12以降の全モデルが5G対応に。2021年新機種登場

 

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

iPhone修理のダイワンテレコム渋谷店です。

 

Apple関連製品の予測で知られるアナリストのミンチー・クオ氏は、Appleが2020年にが次世代通信規格5Gに対応する4モデルのiPhone12が登場すると発表しました。同記事には合わせて、「iPhone SE2 Plus」が2021年に発売するとも述べています。

次期iPhoneには5Gを搭載

クオ氏によれば、2020年秋に発売されるであろうと予測されているiPhone12の4モデル全てにQualcomm X55モデムが搭載され、5Gをサポートすると予測しています。

 

5Gには「サブ6GHz(sub-6GHz)」と「ミリ波(mmWave)」と呼ばれる2つの周波数帯が存在します。Appleはサブ6GHzに対応しない国では、5G機能を無効にするか、5Gの浸透率を低くし、端末の値段を低くをさえるのではないかと予測しています。また、クオ氏はサブ6GHzとmmWave対応の5GiPhoneはアメリカ、カナダ、日本、韓国、イギリスの5ヵ国で発売され、下半期にはiPhoneの新規出荷の最大20%を占めると予測しています。

 

5Gは将来的にサブ6GHzのみでも一定の通信速度を保つことが見込まれますが、5Gの本領を発揮するにはミリ波は外せない周波数帯と言われています。

 

加えて、2020年に発売される次期iPhoneには背面カメラに「3D深度センシング機能」を搭載するのではないかと予測されています。また、ディスプレイ内に超音波指紋センサーを使い、Touch IDを復活させるのではないかという情報も流れています。

「iPhone12」は4モデル登場

■ディスプレイサイズ

「デュアルカメラ搭載モデル5.4インチOLED」

「デュアルカメラ搭載モデル6.1インチOLED」

「トリプルカメラ・ToFセンサー搭載モデル6.1インチOLED」

「トリプルカメラ・ToFセンサー搭載モデル6.7インチOLED」

以上4モデルが発売されるとクオ氏は予測しています。

 

クオ氏はiPhone SE2の情報も発表しており、iPhone SE2は4.7インチのLCD搭載となり筐体はiPhone8をベースにしたものになると予測しています。なお、発売日は2020年始めになると予測しています。

iPhone SE2 PlusおよびiPhone13の発売は2021

iPhone SE2 Plusの発売は2021年になるとクオ氏は予測しています。ディスプレイのサイズは5.5インチ若しくは6.1インチのフルスクリーンになる見通しです。Face IDは非搭載で変わりに横の電源ボタン部分にTouch IDが搭載され、ノッチ部分は小さくなると述べています。

 

また、クオ氏は2021年秋に「iPhone13」が発売されると予測しておりiPhone13にはLightningポートがなく完全なワイヤレス充電になると予測されています。

source:AppleInsider

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧