iOS14になってから文字入力が遅く?対策は?

こんにちは。ダイワンテレコム高田馬場店です。

ここ最近ですが、メイン機もサブ機もiOS14にアップデートしてから、文字入力が重くなった気がします。

原因はiOSのアップデートによるもの。
今回はこの不具合を改善できる方法をまとめて行きたいと思います。

文字入力が遅れる原因は?

 

・ iOS14の不具合

・ スマホの不具合

・ キャッシュ(データを中に貯めこんでいる)など


iOS14で文字入力が遅れる原因は主に上記です。

もちろんアップデート以外にも原因はありますが、今回不具合が発生しているユーザーが急増しているのは、iOS14のアップデートが原因であり、Twitterなどでもこの不具合で困っている方が散見されます。

iOS14で文字入力が遅れてしまう場合


・ iOS14.1まで待つ

・ 予測変換のリセット

・ 再起動

・ キーボード削除・追加

・  通信環境の変更

 

特に 「キーボード削除/追加」「予測変換リセット」が有効 ですので、一度試してみる価値はあるかと思います。

キーボード追加/削除の方法



iOS14で文字入力が遅れてしまう場合は、「キーボードの削除/追加」を行いましょう。
設定→一般→キーボードをタップで項目にいけます。

更にキーボードをタップ、キーボードの削除/追加を行いましょう。
左にスライドすると削除が可能に。なるべくキーボードは少なくしておくと遅延が少なくなります。

予測変換をリセットする方法




前述の方法で変わらない場合は、予測変換をリセットしてみましょう。
「キーボードをリセット」するには、設定→一般→リセットをタップしてください。

「キーボードの変換学習をリセット」をタップ→パスコードを入力しましょう。

これでリセットが出来ます。

 

この記事を書いた店舗情報

高田馬場店

169-0075
東京都新宿区高田馬場2丁目19−6

03-6205-5259

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧