iOS14.2にてバッテリー消費量が激しくなる不具合が確認

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム梅田店です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

現在のiPhone最新ソフトウェアであるiOS14.2において、「バッテリーの消耗が激しくなる」症状が確認されています。

 

iOS14.2でバッテリー消耗の問題が確認 

RedditやApple公式サポートコミュニティにおいて、iOS14.2をインストールしたiPhoneで「バッテリーの消耗が激しくなる」「通常よりも充電に時間がかかる」などの症状が報告されています。

特に一部のユーザーでは、バッテリー残量が100%の状態から30分も掛からずに50%まで減ってしまう、普通に使用しているだけで数分毎に5%もバッテリー残量が低下する、などの著しいバッテリー消耗が確認されています。

 

これらのバッテリーの問題について、「iPhoneを再起動するとバッテリー残量が急に増える」「急激なバッテリー残量の低下の直前は、一定以上の残量を維持する」などの特徴を複数のユーザーが報告しており、このことからiOSソフトウェアの問題によりバッテリーの不具合が発生しているのではないかと考えられています。

 

バッテリーの問題はiPhone 7やSEなど、古めの機種で顕著に

バッテリー消費量が増加する不具合は、特にiOS14.2に対応したiPhone 6s、iPhone 7、iPhone SE(初代)など古めの機種で大きな影響を受けるようです。

これらの機種はバッテリー容量が少ないほか、基板やバッテリーが経年劣化を起こしているために、症状が顕著になるものと考えられます。

またiPhoneだけでなく、iPadOS14.2をインストールしたiPad Pro(2018年モデル)でも症状が発生するとの報告も見られます

 

iPhone 12 / iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro / iPhone 12 Pro Max向けにはiOS14.2.1が公開されていますが、こちらも同様にバッテリー消耗に関する不具合が報告されています。

ただしiPhone 12シリーズのバッテリーに関する問題の原因は未だ分かっておらず、iOS14.2のソフトウェアに起因するものなのかは不明です。

 

iOS14.3で修正される可能性あり

iOS14.2が公開された11月5日より既に1か月が経過しており、現在開発者向けに公開されているiOS14.3ベータ3は近日中に一般向けに公開されるものと見られています。

バッテリーの問題をAppleが認識しているのであれば、iOS14.3正式版でバッテリーの問題が解決している可能性もあります。

 

Apple系海外メディアのMacRumorsは、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone SE(初代)など古いモデルを使用しているユーザーは、Appleが問題を修正するまでiOS14.2へソフトウェアの更新を延期することをお勧めしています。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0012
大阪府 大阪府 大阪市 北区梅田1丁目3-1大阪駅前第一ビル 地下1階 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中