「iOS 14.5」でiPhone 11シリーズの不具合解消

みなさんこんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店です!

iPhone11シリーズを使用しているユーザー向けの記事をご紹介します。

iPhone11は以前にもタッチ不良などの不具合が発生していましたが、こちらは無償修理プログラムによって改善されていると思います。

 

今回はバッテリーに関しての不具合が報告されたそうです。

しかしこちらは、まもなくリリースされる「iOS 14.5」によって、改善されるようです。

下記で詳しく説明されています。

 

Appleによると

アップルは、同社Webサイトのサポートページで、今春提供予定という「iOS 14.5」において、

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxにおけるバッテリー状態報告システムの不具合を改善すると案内しています。

 

 案内によれば、iOS 14.5では、iPhone 11シリーズのバッテリー状態を報告するシステムが、

バッテリー最大容量、ピークパフォーマンス性能が再調整されるとのことです。

 

不具合には、iPhone 11シリーズでバッテリーの消耗が想定外に速い症状があるほか、

わずかな例ながらピークパフォーマンス性能が低下する症状も報告されているそうです。

ですが、これはあくまで状態報告の精度が欠けているだけで、実際のバッテリーの状態には問題がないという。

 

 再調整中には、その旨が、設定メニューの「バッテリーの状態」に表示される。

再調整はアップデートによってすぐ完了するものではなく、定期的な充電サイクルを進めていくことになるみたいです。

そのため、数週間かかることもあるとか。

 

 再調整中、最大容量のパーセントは変化しない。

また、わずかながら再調整がうまくいかず、バッテリー修理サービスを案内するメッセージが表示されることがある。

その際、アップルの正規サービスプロバイダでバッテリーを無償で交換できる。

なお、安全面には問題がないとのことで、そのまま利用しても問題はないということです。

 

※4月2日時点

 

source:Impress Watch

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中