iOS 14.5.1 アップグレードすると遅くなる!!!

|アップルの最新 iOS 14.5.1 についてiPhone11シリーズ、iPhone12シリーズがアップデート後に動きが遅くなるという症例が出ています。

 

新たなアップルの抱えている問題

Appleのオペレーティングシステムは密かにに公式iOS14.5.1をリリースしました。 ユーザーのインストール経験の結果、最初のバッチが出て最新のiOSバージョンをインストールした多くのユーザーは、iPhone 11と12の両方で、数年前にリリースされたiPhoneXRよりもパフォーマンスが低下していることが発見されています。 新しいシステムはアップグレード後に「スピードダウン」しているようです。情報によると、アップグレードされたバージョンは18E212です。

アップグレードされた週報で、AppleはiOS 14.5.1が多くのバグを修正し、すべてのユーザーに推奨される重要なセキュリティアップグレードを提供すると述べました.iOS 14.5.1は修正およびアップグレードするマイナーバージョンであり、主に一部の問題を修正しユーザーは、設定で「アプリに追跡の要求を許可する」を無効にした後、iPhoneを再起動すると、アプリの注意を喚起する機能を受け取ることができません。

さらに、iOS 14.5.1では、WebKiに関連する2つのセキュリティバグも修正されています。バグを悪用されて、コードの実行につながる悪意のあるWebページが作成される可能性があります。 Appleは現在iOS14.5.1で解決しているので、iOS 14.5の公式バージョンをアップグレードした人のために、AppleはiOS 14.5.1にアップグレードすることを提案しています。さらに、AppleはiOS12.5.3へのアップデートもリリースしました。 iOS 14をアップグレードまたはダウングレードできない古いモデルの場合についてです。これはセキュリティアップデートであり、Webページのバグも修正されます。しかし、最初に一部のユーザーが新しいシステムを使用した後に「iPhoneの速度を落とす事件」が発生したと言ったときに問題が発覚しました。YouTuberのNick Ackermanは誰もが疑ったといいますが、結果は驚くべきものでした。iPhone11と12の両方がiPhoneXRよりもパフォーマンスが悪い、最新のシステムにアップグレードした後、数年前にリリースされXRよりも遅い。一部のユーザーの苦情によると、iPhone 11と比較して、iPhoneXRのビデオレンダリング速度はより高速です。その場合、iPhone12は以前のバージョンのiPhoneよりも優れたパフォーマンスを発揮できません。現在、古いiPhone8は正常に動作します。また、アップグレード後に明らかにおかしいと感じたと言うユーザーもほとんどいませんでした。一部のネットユーザーは、iOS 14.5.1がパフォーマンスを制限しているようだとAppleに不満を述べています。開発者によると、AppleがiOS14.5.1のiPhone 11および12シリーズデバイスにCPU制限を課し、両方のデバイスの動作が遅くなっていることが確認されています。この制限は、熱制限とは異なります。開発者はまた、熱を加えずに低温でテストしましたが、iPhone11および12のパフォーマンスは依然として大幅に低下しています。

Appleはこれまでに「スローダウン問題」に340万ドルを支払った?

「AppleがiPhoneの速度を落とす問題」とは、Appleが独自のソフトウェアのアップグレードにより、古いバージョンのiPhoneの速度が低下し、消費者の不満を引き起こしたことを認めたことを意味します。 世界中で勃発したスキャンダルに直面して、Appleは公の場で謝罪することを余儀なくされました。 同社のウェブサイトを通じて、公式ウェブサイトで意図的に製品の寿命を縮めることはないという声明を発表しました。 同時に、価格引き下げにより保証対象外のiPhone 6モデル以上のバッテリーを交換するソリューションを提案しました。2018年4月11日、ロイターは、イスラエル消費者保護局が古いバージョンのiPhoneの速度を低下させたとしてAppleを調査していると報告しました。 2021年4月、外国メディアは、有名な「古いiPhoneのスタック事件」をめぐる訴訟で15万人のチリのユーザーに解決するためにAppleが340万ドルを支払うと報じたそうです。

この事件によると、Apple社はユーザーに謝罪し、iPhoneのバッテリー交換のコストを79ドルから29ドルに削減しました。一部の専門家は、これらの措置を講じたものの、Appleは依然として消費者の知る権利、選択し、公正に取引する権利を侵害し、古いモデルの速度を遅くすることによって誠実の原則に違反している疑いがあると述べました。メディアの調査報告によると、iPhoneでタクシーを利用すると、他のスマートフォンよりも費用がかかります。しかし、記者は調査原稿が削除されていることに気が付きました。以前、CCTV Newsによると、4月27日、ロシアの独占禁止サービスは、Appleが9億600万ルーブル(約1200万米ドル)の違反で罰金を科されるという通知を発行しました。ロシアの独占禁止法によると同局は、Appleがアプリケーション市場での支配的な地位を乱用したと判断した。第一に、それは研究開発担当者がモニターアプリケーションを開発することを妨げる。第二に、Apple AppStoreのアクセスルールは十分に透過的ではないと考えている。

しばらくOSのアップデートはしない方が良い??

さらに、米国では、Appleは防水機能の広告を誇張したとして訴えられています。 メディアの報道によると、消費者は、アップルがiPhoneの防水機能を誇張しているとして、ニューヨーク南部地区連邦地方裁判所に訴訟を起こした。 この訴訟は「集団訴訟」に分類され、13ページにもよる苦情は主にAppleの防水機能に関する声明に焦点を当てています。 ヨーロッパでメディアは、EU連合の独占禁止法規制当局が今週Appleに対して独占禁止法訴訟を起こし、同社がアプリストアで競合他社を不当に制限していると非難すると報じています。 その以前に、音楽サービス会社のSpotifyはAppleに欧州委員会に不満を述べたそうです。

興味深い事実としては、iPhone 12シリーズがベストセラーを維持していることです。特に、iPhone12および12Proシリーズは非常に人気があります。2021会計年度の第2四半期のiPhoneの収益は479億3800万ドルで、昨年より65.52%増加し、収益の53.51%を占めました。 Strategy Analyticsによると、今年の第1四半期にAppleは世界中に5,700万台のiPhoneを出荷し、昨年より44%増加し、17%の市場シェアで2位になりました。StrategyAnalyticsは2021年の第1四半期にそれを任命しました。 世界の5GiPhoneの出荷台数は過去最高の4,040万台に達しました。 当四半期中、Appleの世界的な5Gスマートフォン市場シェアは30%でした。

 

信じるか信じないかはあなた次第…私はしばらくアップデートしないつもりです。

この記事を書いた店舗情報

赤羽店

115-0045
東京都北区 赤羽1丁目16番3号太洋ビル2F

03-6903-8773

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中