ストレージの空き容量低下でリンゴループに!?


[公開日:2018/04/09]

こんにちは、ダイワンテレコム梅田店です。

 

当店でちょこちょこと問合せのあるiPhoneのリンゴループ

最悪の場合データを削除しないといつまでも

起動しないまま、バックアップすらできなくなってしまいます

 

大事なデータが消えてしまうのは何としても避けたいですよね?

もちろん普段からバックアップを取っておくことも大事ですが

簡単にリンゴループを起きにくくする対処法があるので紹介してみます

 

ストレージを管理しよう

「ストレージの空き容量がありません」

iPhoneのストレージの空き容量が足らなくなると表示されます

この状態だと、iPhoneのパフォーマンスが低下したり

新しく写真が撮れなくなったりと不便なことこの上ないのですが

一番厄介なのが、フリーズしやすい上に再起動すると

リンゴループになってしまう点です。

 

こうなってしまうととんどの場合iTunesに接続し復元(初期化とiOSのアップデート)

を行わなければリンゴループから復帰することはありません。

 

たったこれだけのことでiPhoneが起動しなくなり

データも消えてしまうというのは悲しいので

写真などのデータはバックアップをとり

定期的に不要な物は削除するようにしましょう。

 

また、意外と忘れがちなのが「最近削除した項目」です

これは「写真」>「アルバム」の中にあるのですが

写真を削除しても30日間は「最近削除した項目」に保存されます

この状態だとストレージの空き容量は増えないので注意しましょう。

 

次にアプリケーションの削除を行いましょう

削除したいアプリケーションを長押しすると

×のマークが出てくるのでこれをタップすると削除できます。

 

また「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」でどのアプリケーションが

容量を多く使用しているかが一目瞭然なので確認してから削除していくと

より効率的にストレージの空き容量を増やすことができます。

 

以上が、ストレージ容量の低下によるリンゴループの回避方法です。

もしもバックアップもないまま、既にリンゴループになってしまった場合

ダイワンテレコム梅田店では「データ復旧」サービスも承っておりますので

電話、メール、LINEなどでご連絡ください!

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧