古くなったiPhoneの故障は不具合が起きる。


[公開日:2019/07/25]

古くなったiPhoneの故障

 

iPhoneは古くなるほど内部のパーツの劣化でカメラコネクター部分の劣化によって画面が映らない、充電が出来なくなってしまう事があります。

iPhoneの端末は2年劣化がはじまりますにで、長く使うにはパーツの交換や内部のクリーニングをする事で、さらに2年使用することが出来て長くつかえるようになりますが、もしもiPhoneを落として画面が割れてしまう事は寿命が短くなってしまう事があります。

なぜかと言うと画面が割れたときの破片が内部に入ってしまう事で、ケーブルや電子基板にダメージを受けてしまう事で、iPhoneに大きなダメージを受けてしまう事がありますので、iPhoneの内部のダメージが悪化しないうちに修理に出しましょう。

iPhoneの大きな故障はいつ起きるかわからないので、バックアップやアイクラウドに更新をする事で、もしもiPhoneが潰れた時は新しいiPhoneに移行する事が可能になります。

古くなるほどiPhoneのIOSの更新をするする事で、まれに内部に大きな負荷が掛かるとiPhoneが起動しなくなってしまう事がるので、古いiPhoneのIOSの更新をなるべく控えましょう。

大阪・梅田・兵庫・京都・奈良エリアからご来店されているお客様も沢山利用されていますので、もしもiPhoneの故障でお困りでいたら、ダイワンテレコム大阪梅田店に問い合わせ下さい。

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧