iOS13.3.1、バッテリーの消耗が激しいなどの報告が多数


[公開日:2020/02/08]

こんにちは。

ダイワンテレコム大阪梅田店です。

1月28日に配信が開始されたiOS 13.3.1ですが、iPhone・iPadユーザーからはあまり良い評判ではないようです。
特に「バッテリーの消耗が激しくなった」という声がAppleのコミュニティフォーラムや各種SNSで多く上がっています。

iOS 13.3.1アップデートについて

iOS 13.3.1は様々なバグ修正、細かな機能改善が行われるなど容量の少ないアップデートとなりましたが、一部ユーザーからこのアップデートを行った後にバッテリーの消耗が激しくなったという声があがるようになりました。
iOSのアップデートを行ってから数日間はバッテリー消費が一時的に早くなる傾向がありますが、iOS 13.3.1のそれは通常よりも報告が多く上がっているように見受けられます。
特にiPhone SEやiPhone 7などを使っているユーザーは症状が重くなりやすいと思われるので、iOS 13.3.1は一旦様子見という形がよさそうです。

 

バッテリーの減りが早いときの対処法

iOSのアップデート後にバッテリーの減りが早いと感じた方は

Bluetooth(ブルートゥース)をオフにする
位置情報をオフにする
画面を少し暗くして使用する

このような対策でバッテリーをある程度長持ちさせることが可能です。
しかし、古い端末などでバッテリー自体が劣化している場合はバッテリー交換を行わないと改善が見られない場合があります。

 

ダイワンテレコム大阪梅田店では、バッテリー交換を行う際にバッテリーの消耗が早い原因の特定をある程度行うことが可能です。
バッテリーの減りが早いけれど、iOSのせいなのかバッテリーの劣化のせいなのか分からない!というお客様でも一つ一つご説明させていただきますので、お気軽にご相談ください

source:iPhoneMania

Photo:ぱくたそ

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧