アップル、iOS14.3の開発者向けベータ2を公開

こんにちは。ダイワンテレコム渋谷店でございます。

アップルはiOS14.3とiPadOS14.3のベータ2を開発者向けにリリースしました。iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxで利用できるApple ProRAWへの対応などが含まれているとのことです。

Apple ProRAWに対応

 iOS14.3での最も大きな変更点は、iPhone12ProとiPhone12ProMaxで撮影した写真をRAW形式で扱うことのできるApple ProRAWフォーマットに対応したことです。

 



Apple ProRAWは、RAW形式の自由度と、Deep FusionとSmart HDRといった撮影効果の両方を活用できるのが特徴となっています。
RAW形式は写真を撮った際に出来る「生のデータ」であり、圧縮も加えていないことから、劣化もしていない形式となります。

10月にApple ProRAWが発表された際は後日、ソフトウェアアップデートで対応予定と紹介されていました。



 カメラアプリの設定画面には、Apple ProRAWで撮影した画像は1枚あたりのファイルサイズが25MBになる、と説明があります。

AirPods Studioの画像も発見

当ベータ版では、AirPods Studioと噂されるヘッドホンのアイコンも発見されています。
現時点ではiOSも14.2ですし、次回の発表会にてアップグレードも同時に発表される可能性が高いですね。

ベータ版は、パブリックベータプログラムに登録している人であれば誰でも無料でインストールし、正式リリース前の最新OSを試すことができる。
ただし提供目的は正式リリースまでに、1人でも多くのユーザーからのフィードバックにより、完成度を高めることです。
ベータ版は、既存の機能が利用できなくなるリスクもありますので、動作が安定した状態で一般公開されるまで、待つことも一手かと。

 

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0042
東京都渋谷区宇田川町23−11KAWAMURAビル1F

03-6452-5980

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中