知っていると少し便利な機能!ダイワンテレコムリーフウォーク稲沢店

[公開日:2022/04/19]

iPhoneユーザーでやらない人はいないであろうiОSのアップデート。

アップデート通知が来たからと何気なく最新のiОSにアップデートする方もいるかと思います。

今のiОS15のなかで知っているとちょっとだけiPhoneを使用しているときに便利になる機能をご紹介します!

マイクの「声を分離」モード

LINEやFacetimeなどで通話しているときに周りの騒音があるときに通話相手に対して少し申し訳ないな、と思う方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に便利な機能がマイクモードの「声を分離」です。

このモード切り替えは通話中にコントロールセンターにアクセスし、モードを「標準」から「声を分離」「ワイドスペクトル」から「声を分離」を選択するだけ!

このモードに切り替えると周りの騒音が遮断されます。

 

「ワイドスペクトル」は逆に自分の声だけでなく、周りの音全てを聞こえるようにしたいときに使います。

 

この機能は通常の電話回線での通話には使用できないので注意してください!

 

また、対応機種は「A12 Bionic以降を搭載したiPhone」になります。

対応機種は以下になります。

 

iPhoneXR・iPhoneXS・iPhoneXSMax・iPhone11・iPhone11Pro・iPhone11ProMax・iPhoneSE(第2世代)・iPhone12mini・iPhone12・iPhone12Pro・iPhone12ProMax・iPhone13mini・iPhone13・iPhone13Pro・iPhone13ProMax

 

雨や波の音を再生できる「バックグラウンドサウンド」

「バックグラウンドサウンド」とは、雨や波の音、ブライトノイズなどの環境音を常にバックグラウンドで再生する機能です。

この機能はイヤホンでも再生できるので周りの騒音が大きい場所で集中したい時などに利用できます。

 

利用するには2つの方法があります。

「設定」から「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」→「バックグラウンドサウンド」をタップ。

もしくはコントロールセンターから「聴覚」アイコンをタップし、「バックグラウンドサウンド」をオンにすることで利用できます。

AirPods Proのステレオの空間化

iPhoneの「空間オーディオ」は、対応楽曲であればiОS14でも再生できましたが、iОS15では空間オーディオに対応していないステレオ音源を疑似的に空間オーディオ化することが可能になりました。

ただし、利用するにはAirPods ProまたはAirPods MaxとiPhone7以降が必要です。

 

利用方法は、

AirPods ProまたはAirPods MaxをiPhoneに接続している状態でコントロールセンターから「音量調節バー」を長押しします。

そうすると「音量調節バー」が拡大表示されるので、右下に表示されている「ステレオを空間化」をタップします。

最後に

普段使っているiPhoneはアップデートで便利な新機能が追加されたりするのでアップデート後は一度機能について確認してみると新たな発見があったりします。

新機能を使ってさらに快適にiPhoneを利用してみるといいかもしれませんね!

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------
 
JR東海道本線「稲沢駅」800㎡ 
リーフウォーク稲沢 2階
ABCマートさんの横 ピンク色の看板が目印です★
 
定休日 なし
営業時間 10:00~21:30(最終受付時間 21:00)
 
お問い合わせ番号:0587-50-2566

この記事を書いた店舗情報

リーフウォーク稲沢店

492-8601
愛知県稲沢市長野7丁目1−2 リーフウォーク稲沢2F

0587-50-2566

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧