iOS13.1とiPadOS13.1のパブリックベータがリリース

Appleは現地時間9月4日、iOS13.1とiPadOS13.1の開発者向けベータ2と登録ユーザー向けパブリックベータ2をリリースしました。

iOS13.1/iPadOS13.1ベータから約1週間

iOS13.1とiPadOS13.1のベータ2は、現地時間8月27日のベータ1から約1週間でのリリースとなりました。

また、パブリックベータ2ではベータ1から1日遅れでしたが、パブリックベータ2はベータ2と同日にリリースされています。 

ベータ1からベータ2への変更点は、確認され次第お伝えします。

なお、iOS13.0とiPadOS13.0のベータは、現地時間8月21日にリリースされたベータ8とパブリックベータ7が最後のバージョンとなっています。

異例のタイミングでリリースされたiOS13.1/iPadOS13.1

iOS13.1とiPadOS13.1のベータは、iOS13.0とiPadOS13.0の最終ベータであるGM(ゴールデンマスター)リリース前という、極めて異例のタイミングでリリースされました。

iOS13.1/iPadOS13.1のベータでは、iOS13.0/iPadOS13.0のベータで削除されていた一部機能が復活しています。

これまで、Appleからは異例となったリリースの理由について説明はありませんが、Appleがアメリカの対中関税の影響を回避する目的で次期iPhoneの出荷を早めたためではないか、と推測するジャーナリストもいます。

 

まとめ

iOSのバージョンアップがあり、ベータ版(開発者オプション)が出てきたりしています。通常テストしたりして問題がない、プログラムに組み込んでも大丈夫という認識でバージョンアップを行うためアップデートについては自己責任でお願いします。興味本位で行ったりすると復旧できなくなるケースも考えれるため気を付けてください。

source:MacRumors

この記事を書いた店舗情報

自由が丘店

152-0035
東京都目黒区自由が丘1丁目28−8デパート B1F

03-6421-1285

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧