iOS13.6でバッテリー消費が増加?バッテリーテストの結果が話題に


[公開日:2020/07/20]

iPhone修理・iPad修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

7月16日に一般ユーザー向けに公開された「iOS13.6」のバッテリー持続時間のテスト動画が、人気YoutubeチャンネルのiAppleBytesからアップロードされています。

果たして、iOS13.5.1からバッテリー消費量に変化はあるのでしょうか。

 

7台のiPhoneを使ってiOS13.6のバッテリー消費を検証!

iAppleBytesによるiPhoneのバッテリー消費テスト・スピードテストはiOSアップデート後の恒例となっており、今回の動画ではiOS13.6と同じ内容のiOS13.6GM(ゴールデンマスター)版を使用して、バッテリーの持続時間をテストします。

 

テストに用いるiPhoneは、iPhone SE(初代)、iPhone 6s、iPhone 7、iPhone8、iPhone XR、iPhone SE2、iPhone 11の7台です。

それぞれのiPhoneにiOS13.6GMをインストールし、画面の明るさを25%に設定したうえで、ベンチマークアプリ「Geekbench 4」のバッテリーテスト機能を使用します。

 

Geekbench 4のバッテリーテストでは、iPhoneに負荷をかけた状態でバッテリーの残量が0になるまでの時間を測定します。

この結果を以前のiOSバージョンと比較することで「iOS13.6のバッテリー持続時間」を知ることができます。

 

テストの結果…iOS13.6はバッテリー消費が激しい? 

iOS13.6のバッテリーテストによる結果は、以下のようになりました。

機種 バッテリー持続時間
iPhone SE(初代) 2時間56分
iPhone 6s 3時間00分
iPhone 7 3時間15分
iPhone 8 3時間11分
iPhone XR 5時間27分
iPhone SE2 3時間43分
iPhone 11 6時間12分

 

 

 

iOS13.6のバッテリー持続時間をを過去のiOSバージョンのデータと比較した棒グラフがこちらです。

機種ごとに左の色から、iOS13.3.1、iOS13.4、iOS13.4.1、iOS13.5、iOS13.5.1の順で並んでいます。

薄い青色で示されたiOS13.6が黄色のiOS13.5.1よりもスコアで劣っており、すべての機種でバッテリー持続時間が短くなっていることがわかります。

また、iPhone SEやiPhone 6sでは大きな差は見られませんが、iPhone SE2では目に見えてバッテリー持続時間が短くなっています。

 

機種ごとに差はあれど、iOS13.6ではバッテリー持続時間が短くなる傾向にあることがテスト結果から見て取れます。

 

iOSアップデート直後はバッテリー消費が増大!

iOSはアップデート直後1週間ほどはデータの整理などがバックグラウンドで行われるためにバッテリー消費が激しくなることが知られています。

今回のiAppleBytesによるiPhoneのバッテリーテストではiOS13.6へのアップデートから数日が経過したiPhoneが使用されていますが、アップデートの影響がテスト結果に表れた可能性もあります。

 

 

iOS13.6には、iPhoneで車のキーロックを解除したりエンジンを始動できる「車のデジタルキー」機能の追加や、その他改善や不具合の修正が含まれています。

また、セキュリティ関連情報を発信しているJPCERTコーディネーションセンターは、「iOS13.6では過去バージョンの脆弱性が修正されている」として、ユーザーにiOS13.6へのアップデートを推奨しています。

 

 

iAppleBytesのバッテリーテスト動画はこちら

 

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧