iOSの自動アップデートにある2つのスイッチ、どう違う?


[公開日:2020/11/14]

今さら聞けないiPhoneのなぜ

 

スマホのシステム(OS)はつねに最新の状態に保つべき、これは一般論として正解です。

知られざる不安定要素が含まれる可能性はあるものの、最新の機能とセキュリティ、

これまでに発見された不具合の解消プログラムが盛り込まれていますから、

システムアップデートが公開されてから間を置かずに適用ましょう。

 

設定の仕方

iPhoneのシステム(iOS)も同様ですが、システムアップデートが入手可能になり次第

自動的に適用するというオプションも用意されています。

 

「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「自動アップデート」の順に

画面を開くと現れるスイッチがそれで、緑にすると有効になります。

 

2つのスイッチ

問題は、似たようなスイッチが2つあること。上の「ダウンロード」はファイル郡を手元に

取り寄せること、すなわちインターネット上のシステムアップデートをiPhoneの内蔵

ストレージに保存することを意味し、下の「インストール」は取り寄せたファイル郡を

システム上の適切な場所に配置(コピー)することを意味しますが、この画面では2つの

言葉が若干異なるニュアンスで用いられています。

 

上の「ダウンロード」スイッチは、適用可能なシステムアップデートが検出された場合、

Wi-Fiが有効な時に限り内蔵ストレージに自動保存することを意味します。

 

保存後に行われるべきインストール作業は行われず、いつでもアップデート可能な状態

にしてくための【備え】のスイッチです。

 

下の「インストール」スイッチは、ダウンロードが完了したとシステムアップデートが

あるとき、夜間(目安として深夜1時~5時の間)に限りインストール作業を自動実行

します。

 

ただし、アイフォンが充電中かつWi-Fi接続中であることが条件で、それ以外の場合

は、何も行われません。

 

iOS 14では、どちらのスイッチも初期設定でオンに設定されていますが、ダウンロード

だけ自動実行にしておき余裕があるとき手動でインストールする(上をオンで下をオフ)

、アップデートを完全に手動で行う(上下ともオフ)という設定にすることも可能です。

 

自分の都合に合わせて変更してみては?

 

宇都宮駅からバス10分~アクセス抜群!

iPhone修理 ベルモール2Fダイワンテレコム宇都宮店

 

 

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧