iOS14.7/iPadOS14.7ではセキュリティ問題が修正

こんにちは!ダイワンテレコム宇都宮店です!

Appleが、リリースしたばかりのiOS14.7とiPadOS14.7において修正したセキュリティ上の問題について、詳細を公開しています。

またバッテリーの消費についてもご紹介します。

多くの問題点が修正されたセキュリティアップデート

AppleはiOS14.7およびiPadOS14.7のセキュリティアップデートをまとめたページを公開しました。

今回のセキュリティアップデートは広範囲に及び、多くの項目が列記されています。

 

たとえば「探す」については、「悪意あるアプリが『探す』データにアクセスできる」問題が解決されています。

これはiPhone62以降のiPhone、iPad Proの全モデル、iPad Air 2以降、第5世代iPad以降、iPad mini 4以降、第7世代iPod touch以降に影響します。

 

また悪意あるWi-Fiネットワークを使用すると、DoS攻撃や任意コード実行の被害にあう可能性のある問題を含む、

多くの問題が解消されていますので、早めのiOS14.7、iPadOS14.7へのアップデートをお勧めします。

 

また、iOS14.7のバッテリーテストの動画を、YouTubeチャンネルiAppleBytesが公開しました。

バッテリーの持ちが悪いとの指摘があったiOS14.6から改善がみられるのでしょうか。

 

 

iOS14.7のバッテリー持続時間をテスト

現地時間7月19日に公開されたiOS14.7のバッテリー持続時間の比較結果を、

iOSバージョン別のバッテリーテストや動作速度テストの動画を公開しているYouTubeチャンネルのiAppleBytesが公開しました。

 

直前バージョンのiOS14.6では、iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったという指摘もありましたが、iOS14.7で改善しているのでしょうか。

 

テストに使用しているのは、iPhone SE(第1世代)、iPhone6s、iPhone7、iPhone8、iPhone XR、iPhone11、iPhone SE(第2世代)の7モデルで、

いずれもiOS14.7をインストールして3日が経過しています。

各モデル、iOS14.7でバッテリー持続時間は改善傾向

 

iAppleBytesは、各モデルでiOSバージョンごとにバッテリースコアを比較したグラフを公開しています。

 

iPhone7、iPhone8では、大きくスコアが改善しており、iPhone8では過去最高のスコアが出ています。

 

iPhone XRでもバッテリースコアが伸び、iPhone11ではiOS14.6を若干下回っています。

 

iPhone SE(第2世代)では、iOS14.6からiOS14.7でスコアが改善しています。

 

iOS14.7のバッテリーテスト結果についてiAppleBytesは、大幅にバッテリーパフォーマンスが改善しており、

iOS14.7にアップデートしない理由は見つからない、と評価しています。

 

今回はスコアのみ載せていますので、比較グラフなど詳しくはバッテリーテストの動画をご覧ください。

【設定】→【一般】→【ソフトウェア・アップデート】で最新にすることができます。

ダイワンテレコム宇都宮店では、iPhoneバッテリー交換を最短20分~行っております!

お気軽にお問い合わせください!

 

 

source:iPhone Mania

この記事を書いた店舗情報

宇都宮店

321-8555
栃木県栃木県宇都宮市陽東6丁目2ー1ベルモール2階

070-1307-5363

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中