iOS13.4とiOS13.3.1の動作速度・バッテリー持ちを比較!


[公開日:2020/03/21]

こんにちは。

iPhone(アイフォン)修理のダイワンテレコム大阪・梅田駅店です。

 

Photo:Youtube / iAppleBytes

iOS 13.4のGM版と、iOS 13.3.1の動作速度を比較した動画がApple製品系Youtubeチャンネル「iAppleBytes」より公開されました。

比較では[iPhone SE] [iPhone 6s] [iPhone7] [iPhone8] [iPhone XR]の新旧5種のiPhoneが使われています。

iOS13.4にアップデートするべきか、という疑問の参考にどうぞ。

 

iOS13.4GMが公開

Appleは現地時間18日、iOS13.4GMを公開しました。

GMとは「ゴールデンマスター」の略で、開発者向けに公開されるベータテスト最終バージョンのiOSです。

GM版は正式版とほぼ同等のものになるため、今回のiOS13.4GMとiOS13.3.1の比較は、正式版においてもほぼ相違ないものと考えられます。

 

比較動画では、電源オフからiPhoneが起動するまでの時間や各種アプリの起動時間、動作の滑らかさやレスポンスの速さ、Siriの起動・応答の早さ、そしてベンチマークテストが各種iPhoneで実施されています。

 

 

検証から見るiOS13.4GMの改善点

まず目を引くのはiPhoneの起動の早さです。

検証が行われたいずれのiPhoneにおいても、電源オフからiPhoneが起動するまでの時間が短くなっています。

そして、アプリのアイコンをタッチしてから実際にアプリが起動し画面が反映されるまでの速度もわずかに向上しています。

アプリの起動はiPhoneの用途によっては何度も行うことになるため、わずかでも起動が早くなってくれるのはありがたいです。

 

また、インターネットブラウザのSafariにおいてページを遷移する時間もわずかながら向上しており、Siriの起動と音声認識から回答が行われるまでの速度にも改善が見られます。

ベンチマークはGeekbench 5とAntutuの2種のアプリで行われていますが、AntutuではiOS13.4GMのほうがスコアが1000以上高く評価されることがあるなど、処理速度にある程度の向上が見られました。

Photo:Youtube / iAppleBytes

また、これら動作速度・レスポンスの改善はiPhone SEやiPhone 7など、古めの機種ほど大きな改善が動画では見られました。

 

バッテリーの持続時間も比較

YoutubeチャンネルiAppleBytesでは、iOS13.4GMとiOS13.3.1のバッテリーの持続時間についても比較を行っています。

比較が行われたiPhoneは動作時間の検証に使われたのと同じ、5種のiPhoneに加えて、iOS13.4をインストールしたiPhone 11が使われています。

 

iAppleBytesの動画で実施されているバッテリー持続時間のテストはGeekbench 4のバッテリーテスト機能を用いて行われています。

この機能はプロセッサに負荷がかけられた状態でバッテリーがどれだけ持続するかテストできるというものです。

また、テストに使われるiPhoneは画面の明るさを25%で統一し、自動調節機能をオフにすることで公平な状態を作っています。

 

以下の表はテスト結果になります。

  iOS13.3.1 iOS13.4GM バッテリーの容量
iPhone SE   3時間03分  3時間00分  1,624mAh
iPhone 6s  3時間20分  3時間09分  1,715mAh
iPhone 7  3時間42分  3時間26分  1,960mAh
iPhone 8  3時間27分  3時間20分  1,821mAh
iPhone XR  6時間04分  6時間12分  2,942mAh
 iPhone 11  -  6時間8分  3,110mAh

Photo:Youtube / iAppleByte 

テストの結果、iPhone XR以外はバッテリー持続時間が短くなっていることが判りました。

しかしながら、iOSのアップデート直後は一時的にバッテリーの持ちが悪くなることがあり、このテストの結果だけで「iOS13.4のバッテリー持続時間は短い」と断ずることはできないと考えられます。

iOSアップデートから数日経過してiOSが安定するにつれて、バッテリーの持続時間が改善されることも十分考えられます。

iAppleByteでは後日にフォローアップのテストを公開する予定としています。

 

iOS13.4正式版は現地時間24日(日本では3月25日)公開予定

iOS13.4では、メールアプリのツールバーデザイン変更や、iCloudのフォルダー共有機能追加など追加要素のほか、SafariのURLリンクの仕様変更など細かい仕様変更などが含まれます。

iOS13.4の追加要素の詳細は以下の記事にて紹介していますので、あわせてご覧ください。

関連記事:iOS13.4 / iPadOS13.4 の新機能・追加要素を紹介!

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧