ドコモ版iPhoneを無料・簡単にSIMロック解除する方法

こんにちは

アイフォン修理のダイワンテレコム大阪梅田駅店です。

 

 

手持ちのiPhoneを長期間利用するユーザーが増えています。

 

ドコモ版iPhoneを無料・簡単にSIMロック解除する方法

モデルチェンジごとに買い換えるより、少なくても2年、長いケースでは4年も5年も愛用し続けるユーザーが増えていますし、最新のiPhoneが高額化している事もあって、程度の良い中古端末を購入するユーザーも増加しているようです。

 

その事は、iPhoneの販売数にも影響を及ぼしていますし、iOSが旧端末にどこまで対応するか等の問題も関連しますが、ユーザーにとっての関心事の1つは「SIMロック」の問題ではないでしょうか。

 

ご存知のように、国内の大手通信キャリア3社は、自社で販売したiPhone(Androidスマホも同様ですが)を他社回線で利用できないように「SIMロック」を施しています。

 

大手キャリア3社を跨いで「乗換え」を行う際には、手持ちの端末をそのまま利用する事はできず、乗換え先のキャリアで新たな端末を購入するか、手持ち端末の「SIMロック解除」をする必用があります。

 

また、通信料金が割安ないわゆる「格安SIM」への乗換えを検討するユーザーも増加していますが、ドコモ版iPhoneならドコモ回線の格安SIM、Softbank版iPhoneならSoftbank回線の格安SIMというように、同じ回線の格安SIMであれば、原則、SIMロック解除不要で利用できますが、異なる回線を利用するには、やはり「SIMロック解除」が必要です。

 

格安SIMに乗り換えた方が月々の負担が減る事はわかっていても、乗換えに要するコストや、このSIMロック解除の手続きが面倒で、現在のキャリアを使い続けている…というユーザーも少なくないのが実情です。

 

以下は、大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に必要な手続きとコストの一覧です。

 

 

ただ乗換えるだけで、「MNP転出手数料」(旧通信会社へ支払い)、「契約時初期費用」+「SIM発行手数料」(乗換え先に支払い)が必要で、6,000円~6,400円程度が必要です(SIM発行手数料が不要なMVNOもあり)。

 

その上に、更新月以外に乗り換える場合には9,500円の解約料がかかります(※)。

 

さらに、手持ちの端末の「SIMロック解除」を解約に行ったついでにキャリアショップに依頼すれば、3,000円の「SIMロック解除手数料」を取られ、乗換えるだけで1万円程度の出費を覚悟しなければなりません。

 

※ ただし、更新月まで3カ月以上あれば、乗換え前と後の料金差で「解約料」は充分ペイする事が可能です。

 

SIMロック解除は無料でしかも簡単にできる

各種手数料はどうしようもありませんが、せめて「SIMロック解除手数料」を支払わずに済ませる方法があるので、ご紹介しておきたいと思います。

 

マルチ・キャリアへ乗り換える

マルチ・キャリアとは、格安SIM各社が、複数のキャリア回線のサービスを提供している事を指します。

 

例えば、楽天モバイル・BIGLONEモバイル等は、NTTドコモ回線とau回線、日本通信b-mobileはNTTドコモ回線とSoftbank回線のサービスを提供していますし、mineo(マイネオ)やNUROモバイル等はNTTドコモ・au・Softbank3社全ての回線サービスを提供しています。

 

先に述べたように、原則として端末を購入したキャリアの回線を使った格安SIMであれば、「SIMロック解除」不要で手持ちの端末を利用できます。

 

乗換えの際に、端末を購入したキャリアの回線サービスを提供しているかを確認すれば、端末をそのまま利用する事ができます(※)。

 

※ 一部のauで購入したiPhoneでは、同じau回線のサービスであってもSIMロック解除が必須となるケースがありますので、乗換え前に格安SIM各社が提供している「動作確認済端末」を確認してください。

 

 

WEBから自分で手続きすれば無料でロック解除可能

実は、NTTドコモ・au・Softbank各社では、キャリアショップでの「SIMロック解除」には3,000円の手数料を設定していますが、WEB上から自分で手続きを行えば無料で済ませられます。

 

しかも、その手続きは特に手間がかかるわけでもなく、思った以上に簡単なのでお勧めです。

 

以下はNTTドコモの「My docomo」(WEB)を使って無料でSIMロック解除する方法です。

 

ドコモユーザーであれば「dアカウント」をもっているはずですので、まずは「My docomo」にログインします。

My docomo

 

 

「My Docomo」→「契約内容・手続き」と進み、「契約内容・手続きメニュー」内から「SIMロック解除」を探します。

 

 

所定の欄に「SIMロック解除」を行うiPhoneの製造番号(IMEI)を入力します。

 

IMEIは、iPhoneの「設定」→「情報」で表示させるか、「*#06#」にダイアルする事で確認する事ができます。

 

IMEIが分からないとSIMロック解除できませんので、予め確認の上メモしておくと良いかもしれません。

 

 

Android端末では、発行される「SIMロック解除コード」を端末に入力する作業を行わなければなりませんが、iPhoneは不要です。ここまでの手続きで、SIMロックが解除されます。

 

手数料が無料となっている部分に注目してください。こんなに簡単な手続きで3,000円を節約できたわけです。

 

 

au・SoftbankでもWEB上からなら無料でSIMロック解除可能

この事例はNTTドコモで購入した端末のSIMロック解除ですが、au・Softbankでも同様に、WEB上からであれば、無料でSIMロック解除を行う事が可能です。

 

au :SIMロック解除

Softbank:SIMロック解除

 

大した作業量ではありませんし、IMEIさえ分かれば誰にでも簡単にできる手続きで、3,000円を節約できるのですから、もし格安SIMへの乗換えを検討中であれば、端末のSIMロック解除は自身の手で行ってみませんか?

 

マルチ・キャリアの格安SIMを選ぶ場合でも、通信速度が遅い等で、別回線に切り替えたり、さらに別の格安SIMに乗り換える可能性を考えると、無料なのであればSIMロック解除は済ませておく方がベターでしょう。

 

もし、端末を手放す際にも、SIMロック端末と、解除済み端末とではリセールの価格が異なる可能性が高く、ロック解除済端末の方が割高である事は間違いありません。

 

ドコモの場合は自分名義以外でもSIMロック解除可能

総務省は、中古端末の流通を増やそうと考えていて、大手キャリア3社に対して、中古端末のSIMロック解除への対応を求めており、そのリミットを2019年9月と定めています。

 

au・Softbankは現時点では中古端末のSIMロック解除に対応しておらず、期限ぎりぎりの対応になりそうな様子ですが、NTTドコモだけは既に中古端末のSIMロック解除が可能となっています。

 

 

中古端末のSIMロック解除は、言い換えると、従来のルールである「購入者本人以外」でもSIMロック解除が可能になると言う事であり、メルカリやヤフオクなどで購入したスマホでもSIMロック解除して、他の回線でも自由に利用できると言う事です。

 

ドコモの場合は、中古端末であっても「dアカウント」さえ持っていれば、「My docomo」からSIMロック解除が可能ということです。

 

例えば、メルカリなどでは「SIMロック解除済」iPhoneは、ロックされたままの端末より割高ですし、未解除の端末を、購入者の依頼で解除してから販売する場合には+3,000円を付加するケースもありますが、実際にはMy docomoから手続きすれば、上乗せ分の3,000円は単純に値上げになります。

 

如何でしたか?

 

キャリア各社ともWEBからの手続きであれば、無料でSIMロック解除が可能である事は覚えておいた方が良いでしょう。

 

もし、自分の端末や中古端末をSIMロック解除する機会があれば、ぜひ自分の手で無駄なコストをかけずに手続きをする事をお勧めします。

source:MyDocomo

Photo:MyDocomo

この記事を書いた店舗情報

梅田店

530-0001
大阪府大阪市北区梅田大阪駅前第一ビル 地下1階

06-6131-9797

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中