《名古屋市瑞穂区》iPadAir3画面割れ修理方法

iPadAir修理のダイワンテレコム名古屋今池店です。

今回は「《名古屋市瑞穂区よりお越し》iPadAir3画面割れ修理をご依頼頂いた際の修理方法・流れ」をご紹介します。

iPadAir3は2019年3月に発売されてまだ2年程の新しい機種です。

(Apple Pencil第一世代が使用可能)

"液晶パネル+タッチパネル"一体型のタイプなので

画面割れ・液晶不良・ゴーストタッチなど状態に関係なく

ディスプレイ交換修理は全て一律料金となります。 

 

↑主に下半分の破損が大きく衝撃の度合いを物語っているような状態でした

 

↑左右下はガラスが崩れ落ちて穴が空いているのがわかります

写真では見えませんが、右上側面の本体変形がありました

↑液晶タッチパネルを取り外した際はバキバキに剥がれてしまう程の破損状態でしたが幸いにもホームボタンケーブルなどの破損はありませんでした。

ディスプレイケーブルに注意

iPadAir3のディスプレイケーブルは本体下中央に配置されておりケーブル自体が短く取り外し、取り付けの際はとても神経を使う機種です。

(因みに同じタイプがiPadPro10.5のディスプレイです)

 

ディスプレイを開けてまず最初に行うのがバッテリーと基板との接点を外す(浮かせる)ことなので

↑写真のようにディプスレイを上にずらしてからバッテリーと基板の隙間にプラスティックカード等を噛ませまます。

↑次にディスプレイを取り外し裏にあるホームボタンを剥がして・・・ 

↑新しいディスプレイに移植します

ホームボタンケーブルはとても繊細なので慎重に行います。

ディスプレイコネクタは正確に取り付ける

部品移植を終えた後、ディスプレイ動作確認を終え本組みする際の一番の注意点は

"ディスプレイコネクタ4本を確実に接続できるかどうか"です。

↑写真では普通にディスプレイを開いているように見えますが

開ける角度が小さい+ケーブルが短い為

しっかりコネクタがハマっていないと起動させた時に

・タッチ操作ができない

・画面が映らない

などの不具合が生じますが

ケーブルが切れていなければ再度接続し直すことで正常に起動できます。

 

修理工程自体はさほど多くはありませんが、構造上の作業し易さ難易度は高いと思われます。

 

さて、今回のブログ「《名古屋市瑞穂区》iPadAir3画面割れ修理方法」いかがでしたでしょうか?

他にもiPodTouchの割れ修理やバッテリー交換なども行なっておりますのでお困りの際はお気軽に今池店スタッフまでご相談ください。

他にも

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

また、

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Nintendo Switch/

MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取も行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

*部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

《総務省登録修理業者》

【ダイワンテレコム名古屋今池店】 

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya

《WEB予約》エアーリザーブ 

 

-スマホ・タブレット修理はダイワンテレコム名古屋今池店へ-

 

最後まで今池店修理ブログをご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中