iPhoneのホームボタンが押せない!

こんにちは。iPhone修理ダイワンテレコム盛岡店です!

本日はiPhoneのホームボタンについてのご説明をしていきたいと思います。

iPhoneについているホームボタンには2種類あります。

iPhone初代からiPhone6Sまでに使われている「物理式ホームボタン」

iPhone7以降から使われているバイブレーションが動くことで確認できる「感圧式ホームボタン」

上記の二種類があります。どちらも落下が原因で壊れてしまうことはよくあります。

 

ホームボタンの「これって故障?」を感じたら、まずホームボタンの仕様から確認してみましょう。

それぞれの特徴について ①物理式ホームボタン

iPhone初代から使われているiPhone6Sまで使われている「物理式ホームボタン」

押すとカチ、と音が鳴ります。そしてホームボタンを押している間は

画面から少し凹んだ位置にホームボタンがあります。物理式なので、爪などでも反応します。

落としてしまった際に、ホームボタンが割れてしまったり、内部のコネクタが切れてしまうことがあります。

もし、このタイプのホームボタンでホームボタンを押し込めなかったら異常です。

それぞれの特徴について ②感圧式ホームボタン

iPhone7以降から使われている「感圧式ホームボタン」

電源を落としている間はホームボタンが全く反応せず、電源を入れホームボタンを押すとブブとバイブレーションで反応をします。ホームボタンを押しても物理的に凹みません。

このタイプのホームボタンが故障すると、バイブレーションの反応がなくなるので

「ホームボタンが固くなった・押せなくなった」と揶揄する方も多いです。

このホームボタンは爪では反応せず、指のお腹では反応します。

おそらく微量な静電気を認識しているので、爪や布の上からの指では反応をしません。

 

このタイプのホームボタンは押し込めないのでご安心ください。

 

まとめ

物理式と感圧式で結構仕様が違います。

感圧式ホームボタンでホームボタンが押し込めなくて故障かと思ってしまう方も少なくないので、ぜひ上記を確認の上、故障かどうか判断してみてください。

この記事を書いた店舗情報

盛岡店

020-0034
岩手県盛岡市盛岡駅前通1−番44号 盛岡フェザン 本館 1階

019-613-8665

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中