カメラのレンズカバー交換

こんにちは。ダイワンテレコム横浜西口店です。

 

今回ご紹介するのは、iPhone7の背面カメラレンズカバーの交換レポートです。

 

レンズカバーが割れてしまうと夏休みの思い出の写真がキレイに撮れなくなってしまうだけでなく、隙間から内部にホコリや水分が侵入してしまいます。

もし、iPhoneを落としてしまった時は、タッチパネルだけでなくカメラレンズカバーやライトニングコネクタ等の各部分をチェックして早めの修理を検討して頂きたいと思います。

 

 

レンズカバーを交換する。

 

まずは状況を確認してみましょう。

こちらが写真となります。

ヒビ割れどころか、レンズが割れてしまい穴が開いてしまってますね。

 

カメラレンズカバーはそのまま外して交換する事ができません。

内部から固定されていますので、カメラ本体を取り外してからレンズを押し出すような感じになります。

本体と液晶パネルを分離させて、本体側での作業となります。

 

カメラを固定しているカバーを取り外します。

その後、カメラ本体と固定具を取り外し、内側からレンズカバーを押し出します。

 

はい。このように割れたレンズカバーを取り外す事ができました。

本体右に並べたパーツが今回取り外した部品です。

上からカメラ本体、カメラ本体カバー、カメラ固定具、そしてレンズカバーとなります。

 

あとは新しいレンズカバーをはめ込んで元どおりに組み上げれば、作業完了となります。

こちらが交換したあとのレンズカバーですね。

内部にホコリなどが侵入する事も防げますし、キレイな写真も撮れるようになるでしょう!

 

 

夏休みの思い出をキレイに残すためにも、現在も割れたままの状態の方は一度当店にご相談頂き、修理をご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

カメラレンズのカバー以外にも各種修理に対応しておりますので、お気軽にダイワンテレコム横浜西口店にご相談くださいませ。

 

以上で、今回のレポートを終了といたします。

 

この記事を書いた店舗情報

横浜店

220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目9−9アネックス406

0800-800-5919

人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中