iPhone7充電ができない【ライトニングコネクタ交換】

[2018/10/02]

断続的に充電ができない

ライトニングコネクタ交換修理

・充電が出来たり出来なかったり

・角度を変えると充電出来る

・強く押し込むと充電できる

など充電がしづらくなるという経験はありませんか?

原因は色々考えられますが

ゴミ詰まりが無い、充電ケーブルの断線も無く、ケーブルが本体側にしっかりはまっている状態で充電がしづらいと言う現象が起きている場合はライトニングコネクタピンや内部の異常が原因かもしれません

(上)新品 

(下)中古 コネクタピンが腐食、中央ピンが凹んでいる

比較してみるとわかりますが(下)の写真は一目瞭然で腐食しているのがわかります。

写真のような場合に起こる”断続的に充電ができなくなる”原因はライトニングコネクタの部品劣化によるものです。

 

「充電ができるからまだ大丈夫」

「完全に使えなくなってから修理しよう」

と考えてしまう方もいらっしゃると思いますが

この状態で長期間使い続けると様々な危険が起こり得ます・・・

・基盤の充電系ICが壊れる(ショートする)

・電源が入らなくなる

これは決して恐怖を煽っているわけではありません。

実際に充電が断続的にできたり、できなかったりすると言うことは

少なからず小さなショートが複数回発生しています。

ショートは基盤(ロジックボード)の大敵です。

もし、このような現象が見られた場合は早めに修理店にご相談ください。

修理の流れ

iPhone7のライトニングケーブルは基盤の下を通っているので取り外しの際は注意が必要です。

順番にバイブレーション、スピーカーを取り外し各所ネジを外していきます。

充電ケーブル差し込み口の両サイドには隠しネジ(2本)が付いているので注意しましょう。

ライトニングケーブルの脱着は然程難しくありませんが、スピーカーの接地、基盤への接続コネクタの連携が上手くいかないとやり直しすることになるので慎重な作業となります。(約60分ほど)

ダイワンテレコム 名古屋駅前店では今回のような特殊な部品交換も常時行っております。

バックカメラレンズが割れたら交換しますし、音量ボタンが効かなくなったら交換修理もできます。

この他にも他機種の特殊修理も行っておりますので、お困りの際は是非一度ご相談くださいませ。

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中