iQOSが赤ランプ点滅1?

iQOSのホルダーが"赤く点灯"したら

iQOSユーザーなら誰しもが経験がある”赤ランプ点灯”

iQOSにはタバコ(スティック)を加熱する"ホルダー"と

ホルダーを充電する"チャージャ"があります。

このホルダーとチャージャはそれぞれ色と点灯/点滅の種類によって動作状況・異常を見分けることが可能です。

ホルダーの【赤ランプ点灯】は充電が無い状態です➡︎充電してください。

いくら充電しようとしても充電が出来ない場合は

ホルダーをチャージャーにセットして蓋を閉めます。

この状態でチャージャーのリセットボタンと電源ボタンを同時押しにします。

全てのLEDライトが点滅すればリセット完了です。

再び充電ができるかどうかを試して見てください。

ホルダーランプが赤く点滅したら

ブレードが損傷しているか、ホルダー内部の故障が考えられます。

ホルダー内部をクリーニングした後にランプが赤く点滅している場合は

ほとんどの場合がブレードの損傷です。

ブレードが損傷している場合はブレードの交換で直ります。

名古屋駅前店ではブレードの交換を行っております。

ブレードの損傷は様々な原因で起こります。

次の写真のような状態でも修理は可能です。

①⬇︎ブレードが本体から取れてキャップ(左)にくっついている状態

①⬇︎分解&ブレード修復作業で無事に復活!

 

②⬇︎キャップに内に溜まった燃えかすが溜まった状態

②⬇︎燃えかすを取り除いた後

ブレード修復修理

一度折れてしまったブレードや写真のように焦げているブレードは修復不可能なので

新しいブレードを取り付けることで再び使用することが可能です。

ブレードの土台は再利用するので汚れをきれに取り除いたあとは

半田コテを使って取り付けます。

集中して約30分ほどで完了しますが通常は60分ほどお時間をいただいております。

無事に白ランプが点灯して復活しました!!

ダイワンテレコム 名古屋駅前店ではiQOS修理を行っております。

ダイワンテレコム 名古屋駅前店ではiPhone,iPad,Android(HUAWEI,ASUS,NEXUS,ZENFON,Xperia,Galaxyなど)iQOSの修理を行っております。自分で修理して失敗した、他店で断られた、水没した、電源が入らないなどなど修理は臨機応変に対応いたします。

お困りの際はダイワンテレコム 名古屋駅前店へご相談ください。

この記事を書いた店舗情報

名古屋駅前


人気ブログ

店舗一覧

最短2日!
郵送修理受付中