iPhone画面修理純正同等品(再生品)で修理しました。

[2019/02/20]

iPhone画面修理 純正同等品(再生品)で修理しました。

 

本日はさいたま市見沼区より画面修理のお客様がご来店しました。

iPhone7のガラス割れ修理です。

 

当店では純正同等品(再生品)と互換品(コピー品)をご用意しております。

どちらかをお選び下さいとお伝えし純正同等品(再生品)で修理ご希望されました。

 

 

 

簡単に分かりやすくご説明しますと、液晶が純正かコピー品の違いになります。

 

品質の差もございますのでお客様にご説明をしご納得いただけましたら受付しております。

 

こちらがお客様がお持ちいただいたiPhoneになります。バリバリに割れております。

 

 

分かりやすいように(互換品)コピー品と、純正同等品(再生品)の写真をお取りしました。

 

 

互換品(コピー品)

 

 

純正同等品(再生品)

 

 

よく確認しますと明るさ(解像度)の違いが分かると思います。

また互換品(コピー品)の液晶は、タッチの反応が多少遅くなり、耐久性も劣ります。

 

現在非修理店で主流なのが互換品(コピー品)でございますが部品のご説明もなかったりしますので、他店で修理をされる際は必ずご確認された方がよろしいかと思います。

 

激安のiPhone修理店が続出しておりますが、当店は品質重視でご案内させていただいておりますのでご安心下さい。

 

お客様のお問い合わせから「iPhone修理後に画面が暗い」、「タッチの反応が悪い、遅い、効かなくなった」、「ほんの少しの衝撃で液晶が映らなくなった」などのご相談が相次いでおります。

 

上記の原因は互換品(コピー)の品質によるものです。

 

元々のオリジナルの品質をお求めでございましたらダイワンテレコム大宮店に是非ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧