修理には欠かせない道具《ヒートガン》の断線修理を行いました

スマホ・タブレット修理のダイワンテレコム名古屋今池店です。

今回は「修理には欠かせない道具"ヒートガン"の断線修理」を簡単にご紹介します。

ヒートガンとは簡単に言えば家庭用ドライヤーの超強力版です。

ヘヤードライヤーと一番違うのは温度。

数秒で約200°C〜600°Cの熱風が出せる兵器(道具)です。

スマホ・タブレット修理では無くてはならない道具の一つで主に粘着で固定されている液晶パネルやバックパネル・バッテリーなどを取り外す際に活用されています。

今回は当店で使用している"TACK LIFE"のヒートガン(小型 350W)の断線修復修理をご紹介ます。

断線している箇所はコードの付け根部分です

最近は使用中・使用外関わらず断線部分で「パチッパチッ」とショートした音が続いてました。

このコードの付け根(蛇腹部)を「ケーブルブッシュ」と言いますが、この部位の断線率は機器全般一般的にも最も高いようです。

因みにこのケーブルブッシュを好みの長さだけ後付けしたい方は「自在ブッシュ」という延長ブッシュみたいなものを購入してつけるもの良いかもしれません。(ホームセンターやネットショップ"モノタロウ"などで販売されています)

ヒートガン分解して配線を組み直す

↓数本のネジを外せば簡単に分解できました。

中は単純ですが、内部配線の配置を覚えておくと修理後は組み付けやすいです。

分解した後は再利用できるようにケーブルブッシュを綺麗に割いておくと良いかもしれません。

次に断線したケーブル部分をカットして銅線を剥き出しにします。

銅線にはプラスマイナスがあるので間違わない為にも予め印をつけておくのが良いです。

後はハンダで結合させて耐熱・絶縁テープなどを使用しつつ補強して修理は完了です。

自分で使用する道具としてはこれで十分な補強修復修理となりました。

 

スマホ修理はダイワンテレコム名古屋今池店へ!

さて、本日のブログ「修理には欠かせない道具"ヒートガン"の断線修理」いかがでしたでしょうか?

 

他にもXperiaの画面割れ液晶不良修理、Nitendo Switchなどの修理も行なっておりますのでお困りの際はお気軽に今池店スタッフまでご相談ください。

↓《修理科目一覧》↓

画面割れ・液晶不良(タッチ不良・変色など)・バックカメラレンズ割れ・カメラ交換(ピントブレ・真っ暗・フラッシュライト点かない)・基板修理(部品交換しても起動しない・充電できない・タッチ操作できない・カメラが映らない・リンゴループになるなどなど)

↓《対応機種一覧》↓

iPhone/iPad/iPodTouch/Xperia/HUAWEI/Galaxy/

ZENFONE/ASUS/Xaomi/Redmi/Nintendo Switch/

AQUOS(一部)/MacbookPro(バッテリー交換)などの

修理・買取を行なっております

iPhone/iPadは一部を除き即日修理可能ですがその他の修理に関しては部品お取り寄せの対応となることもありますので予めお電話などにてご確認ください。

 *部品のお持ち込み修理も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

皆様からのお問い合わせ・ご来店お待ちしてります。

 

スマホ・タブレット修理/買取するなら

【ダイワンテレコム名古屋今池店】

\\最後まで修理ブログをご覧いただきありがとうございました//

《総務省登録修理業者》

【ダイワンテレコム名古屋今池店】 

《営業時間》10:00~19:00

《定休日》火曜日

《LINE》 @d-nagoya 

《WEB予約》エアーリザーブ  

この記事を書いた店舗情報

名古屋今池店

464-0850
愛知県名古屋市千種区今池1丁目8−8今池ガスビル 1F

080-9708-9037

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧