Appleが Watch Series 6の不具合を無償交換対応に


[公開日:2022/04/23]

こんにちは

ご覧いただきありがとうございます

iPhone修理ダイワンテレコム渋谷店でございます。

Apple Watch Series 6は2020年9月に発売したモデルですが、最近不具合に関する問題が出ていました。
Appleは4月22日、Apple Watch Series 6の画面に何も表示されなくなる問題に対する修理サービスプログラムを開始した、と発表しました。

不具合品は無償修理サービス対象に

Apple Watch Series 6は画面に何も表示されなくなる問題が起こり、Appleはその対応として修理サービスプログラムを開始しました。その内容は下記のように記載されています。

「”ごく一部の Apple Watch Series 6 (40mm) の画面が真っ黒になって何も表示されなくなり、元に戻らなくなる可能性があることが判明しました。この問題が確認されているのは、2021年4月から2021年9月までの間に製造されたデバイスです。
 
お使いのApple Watch Series 6にこの問題が見られる場合は、そのApple Watchのシリアル番号を下のボックスに入力して、本プログラムの対象となるかどうかご確認ください。本プログラムの対象となるデバイスについては、AppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償修理サービスを実施いたします。”」

不具合は画面が真っ黒になり、元に戻らないというものです。
この症状がみられる場合は、Apple Watchのシリアル番号で検索した際に該当したものになります。

修理サービスを受けるには、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店、Appleサポートを介しての3つの方法があります。 
また、修理を受けられるのは最初の購入国/地域のみとなる場合があり、修理プログラムは、対象となるApple Watch Series 6に対し、その最初の小売販売日から2年間適用される、との注意書きがあります。

source:Apple

source:iPhoneMania

この記事を書いた店舗情報

渋谷店

150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-2-1

03-6416-0622

人気ブログ

新着ブログ

機種一覧

店舗一覧